2017年8月 4日 (金)

小倉

5月24日~26日は、小児歯科学会で小倉にいました。

小倉に来るのは3度目ですが、ゆっくり市内を見たことがなかったので、今回は、モノレールにも乗り、小倉城に行ってみました。

小倉

細川忠興が、1602年から7年かけて築城したお城で、石垣は野面積み。現在の城は、昭和34年に再建されたもので、「唐造りの天守」と呼ばれる天守閣も再建されたのだそう。

なかなか立派なお城で、中の施設も楽しめるものでした。

さて、細川忠興の時代、剣術師範として巖流小次郎(佐々木小次郎)が小倉に滞在していた時、宮本武蔵との巌流島の戦いがあったようです。(いろいろ諸説あるようですが)

小倉

1632年には、信州松本城、播州明石城を経て、徳川の親藩大名、小笠原忠真が 藩主として入城します。

彼も、宮本武蔵とのかかわりがあり、武蔵の養子、宮本伊織は取り立てられて忠真の時代に家老になっています。

清和源氏の一族だった小笠原氏は、弓馬礼、茶道の小笠原流の祖だったんですね。

小倉の名物料理とされるものに、「じんだ煮」という、鰯や鯖を糠炊きしたものがありますが、小笠原忠真が信州の糠漬けが好きで、糠床を小倉に持ち込み、家臣にも奨励したことが始まりであるようです。

こんな歴史の知識が、お城の施設で楽しみながら身に付きました。

ちなみに、じんだ煮、結構好きです。

小倉は関門海峡の魚がすぐに食べられるので、おさかな、美味しかったです。

小倉

小倉城の近くをぶらぶら歩いていると、「ときわばし」に。江戸時代、本州と九州を結ぶ街道の起点となっていたようで、伊能忠敬の碑もありました。

小倉

宇宙海賊キャプテンハーロック♪

小倉駅の新幹線口を出て右に行ったところに立っています。

松本零士が小学校3年から高校卒業まで小倉に住んでいたからですね。

小倉

くれぐれも・・慰安婦の少女像ではありません。

メーテルと鉄郎の像です。お間違えなく!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 2日 (水)

春日山城史跡広場

春日山城史跡広場の監物掘にカキツバタの群生があります。

もう見頃は過ぎていましたが(5月21日に行った時)、まだきれいでした。

5月上旬が見頃とのこと。来年は、是非この頃に見に来てみましょう。

春日山城史跡広場のカキツバタ

白・紫・薄紫・などのカキツバタ。

堀にはウシガエルが住んでいるらしく、あの独特な鳴き声があちこちで聞こえました。

春日山城史跡広場のカキツバタ

『毘』の旗がはためく広場では、毎年8月に上杉謙信の遺徳を偲ぶ祭り、謙信公祭で、川中島の合戦の再現が催されます。

今年は92回目で、8月25日から27日まで行われます。

8月25日の前夜祭、26日は神輿や狼煙上げ、27日が出陣行列、川中島の合戦などの予定のようです。

春日山城史跡広場のカキツバタ

2007年~2015年の間には、7度、GACKTさんが、謙信公に扮して出陣行列と川中島の合戦に出演してお祭りを盛り上げてくれましたhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 1日 (火)

玉翠園・谷村美術館

大地に絵を描くように自然の情景を作り上げる中根金作氏が、1981年に作庭した玉翠園。

翡翠園が歩いて鑑賞する庭だったのに対し、こちらは、座って眺めて楽しむお庭、

玉翠園・谷村美術館

大きなガラス窓の枠がまるで額縁のようで、一枚の絵を観ているようです。

玉翠園・谷村美術館

高さ8m重さ90tの自然石の大観音像がどっしり立っています、

玉翠園・谷村美術館

谷村美術館は、木彫刻の第一人者澤田政廣氏の仏像彫刻作品を展示した美術館で、1983年に谷村繁雄氏によって建設しされたものですが、澤田氏が、ゆかりのあった相馬御風氏の出身地である糸魚川を訪れた時、翡翠園と玉翆園を観て、ぜひこの地に美術館をと望まれたことから建てられたものだそうです。

建築家として名高い村野藤吾氏の設計で、シルクロードの遺構をイメージし、石窟調になっています。仏像が一部屋毎に安置され、回廊を巡って仏像に会いに行くという感じです。

外からは窓がないように見えますが、自然光がさしこみ、人工光と柔らかな調和で仏像を浮き上がらせて何とも言えない雰囲気を醸しだしていました。

玉翠園・谷村美術館

上の写真は、美術館全景の模型です。なるほど、こんな複雑な造りなのかと感嘆。

玉翠園・谷村美術館

癒される空間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

翡翠園

つつじの山を散策した後は、翡翠園へ。

まずは園内に併設されているひすい美術館を観てみることに。

写真はまるで秘密基地の入り口みたいな、地下にある美術館への入り口。

糸魚川原産のヒスイや世界各国のヒスイを使った彫刻作品などが展示してありました。

ひすい園

翡翠園は、「昭和の小堀遠州」と言われた造園家・中根金作氏が作庭、1978年に開園とのこと。

玄関を入ると目の前には70トンのコバルト翡翠原石が出迎えてくれます。

ひすい園

滝や池、曲水、巨岩が配置された庭に四季折々の花、冬は雪景色など、それぞれの季節毎に楽しむことができるようです。

ひすい園

回遊式庭園で、歩いて楽しむお庭です。

ひすい園

これはオレンジ色がかった色のつつじ?つつじ園にはなかった色。

ひすい園

なかなか見事な盆栽に、名札がありました。糸魚川真柏(しんぱく)。盆栽のことはよくわかりませんが、人気の樹種だそうです。和名ミヤマビャクシン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月30日 (日)

月華山かねこつつじ園

5月14日(日)

気持ちの良い五月晴れの日だったので、正善寺工房のたけのこフェアで、竹の子汁とたけのこのおにぎりのお昼を食べてから、糸魚川方面に出かけることにしました。

まずは、月華山かねこつつじ園。

月華山かねこつつじ園

先代の金子さんが、昭和10年代後半から、生涯をかけて植栽した3500株余りのつつじが見ごろを迎えていました。

日本海を見下ろす山の斜面いっぱいにつつじが咲き誇っていました。

月華山かねこつつじ園

ちょっとした山登りでした。

月華山かねこつつじ園

つつじもいろいろな種類があるんですね。

月華山かねこつつじ園

山の頂上には、休憩所があります。

心地よい風が吹き、隣の林からは、ウグイスの鳴き声が。

月華山かねこつつじ園

なかなか、見ごたえがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月18日 (火)

おしぼりうどんと岩井堂山

ゴールデンウィーク中、長野県坂城町の特産、ねずみ大根を使った おしぼりうどんを食べに行きました。

坂城は、戦国の昔、越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄が、5回もの川中島の合戦を繰り広げることになった発端を作った、信濃の村上善清の領地だったところです。

おしぼりうどんと三角山

おしぼりうどんは、ねずみ大根をおろして搾った汁に、味噌を溶き、削り節と好みで葱などの薬味を入れた汁にうどんを付けて食べるものです。

辛みの効いた大根おろしの好きな人には、美味しいと思います。

おしぼりうどんと三角山

かわいらしいフォルムのねずみ大根 買って行きたかったのですが、売り切れでした。

おしぼりうどんと三角山

さて、坂城で千曲川沿いのR18を北上すると、まるでピラミッドのような形が目を惹く山が現れます。

岩井堂山。

村上氏の一族の出浦氏の城があったところで、村上氏が上杉謙信の家臣になってからは、武田方ののろし山としてもつかわれたらしいです。

南側はマツタケの産地で、入山は禁止の様子。

おしぼりうどんと三角山

この趣のある橋は昭和橋。

コンクリート製で9つの異なるアーチからなる橋だそうです。

おしぼりうどんと三角山

岩井堂山の対岸の山には、村上氏の居城だった葛尾城址があります。

村上善清は、武田信玄の信濃侵攻に対して大軍の武田軍を2度も破った猛将でしたが、真田幸隆(真田幸村のおじいちゃん)の調略によって支城である砥石城を落とされると、勢力を失い、1553年上杉謙信に助けを求めたことで、その後12年にわたる謙信の義の戦い、川中島の合戦が始まったのでした。

ただ景色を眺めるだけでなく、歴史を考えると面白いものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

五智国分寺

この日(4月30日)、最後に訪れたのは、五智国分寺。

奈良時代(天平741年)に聖武天皇の勅命で行基によって、越後の国分寺が開かれましたが、色々な厄災に見舞われ、上杉謙信によって、1562年にこの場所に真言宗の寺院として再興されたお寺です。

また、江戸時代には、謙信の甥の俊海僧正によって、天台宗の寺院として中興されたそうで、天台宗の国分寺として現在にいたっています。

本尊が五智如来なので、五智国分寺と呼ばれているのだそうです。

趣のある山門からは、奥に本堂が望めます。

五智国分寺

この山門は天保6年(1835年)に建立されたそうです。

五智国分寺

山門の両脇には阿形・吽形の寄木造の仁王像が睨みを利かせています。

山号・安国山、院号・華蔵院。

五智国分寺

山門を入ったすぐ右手には、三重の塔が目を惹きます。これは、1856年に着工され、1865年に上棟されたそうですが、今でも高欄などが未完成!のままだそうです。(素人にはわかりません^^;)

新潟県にある3つの塔のうちの一つで県の文化財とか。

なかなか雰囲気が良いです。

五智国分寺

本堂は、江戸時代に2度、昭和63年にも火災で焼失。現在のものは、平成9年に再建されたものだそうです。

総檜造り、鎌倉時代の様式で古代からの道具も使われたとのことです。

五智国分寺

その他、このお寺には、親鸞聖人が1207年に越後の国府に流罪になった時に住まわれていた竹之内草庵跡や、聖人坐像、市内最古の建物である経蔵(1693年上棟?)世界で唯一のステンレスの梵鐘などがあって、見どころも多いようですが、下調べをしていかなかったので見過ごしました(ノ_-。)

また、もう、夕方だったためか、小さな売店には人影もなく、せっかく由緒正しいお寺なんだから、市の観光資源としてもう少し整備、観光客を誘致してもいいのでは・・・などと思ったのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

居多神社

五智公園から、少し足を延ばして、越後一宮の一つで親鸞聖人の片葉の葦の伝承のある居多神社に初めて行ってみました。

居多神社

越後一宮というと、彌彦神社の広い境内や風格ある社殿を思い浮かべてしまいましたが、ここ居多神社は、古い歴史を持つけれど、戦い(御館の乱)に巻き込まれて破壊されたり、社地だった海岸近くの山が崩れて現在の地に移らざるをえなかったり、火災にあったり、なかなか困難な道のりをたどってきているようです。

居多神社

現在の社殿は平成20年に造営されたものだそうです。

(申し訳ありませんが、彌彦神社と比べて拍子抜けしてしまったのが本音です(^-^;)

居多神社

珍しい木造彫刻の狛犬があって、市の指定文化財になっているようですが、わかりませんでした。

Photo

ふつう神社というと、屋根のついた手水舎の中に水盤があって、参拝者が身を浄めるものですが、居多神社の水盤は、龍でした。


居多神社

ちょっと、びっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月16日 (日)

五智公園

高田公園のソメイヨシノが終わると、五智公園の八重桜が見ごろになります。

五智公園

この日(4月30日)は、天気も良く、散策する人、広場でお弁当を広げたり、子供たちがあ遊びまわっていたり、賑わっていました。

五智公園

八重桜もいろいろな種類が植栽されていましたが、ネーミングで記憶に残ったのが、上の写真の桜。サトザクラの「楊貴妃」

五智公園

夕方まで、夏の日のように暑くて半袖の人も多かったです。
(ちなみに午後4時半の段階で26℃でした・・・)

五智公園

今回、行って初めて気付きましたが、水芭蕉の群生地もありました。

五智公園

残念ながら、見ごろは終わっていたようですが、ここが白い苞で彩られていたいたらさぞ綺麗だっただろうと想像してみたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月12日 (水)

高田の桜

今年の高田の観桜会は4月1日から16日でした。

直前に寒い日が続いたので、開花は少し遅れましたが、その後暖かくなったら、一気に咲そろい、1週間後の週末が見頃に。

高田の桜

私は10日にウォーキングのコースを夜桜コースにして、今年も桜を愛でてきました。

高田の桜

忠霊塔のそばの枝垂れ桜も、相変わらず見ごたえがあります。

高田の桜

さくらロードのライトアップされた桜。

あちこちでスマホやデジカメで写真を撮る人が。

高田の桜

この日は、ちょうどほぼ満月。

清里の星のふるさと館から、職員の方が天体望遠鏡と共に出張して来ていて、星見をさせてくれました。

そして、ちょっとした専用ボードを使って、スマホで月を撮影させてくれました。それが、この月です♪

高田の桜

さて、15日にも観桜会会場にウォーキングに行ったのですが、その時まだ桜は、たくさん咲いていました。

これから、花びらがだんだん落ちて葉が出てくると、緑色の葉とピンクの花とのコントラストが綺麗で、楽しみだったのですが・・・。

16日~17日泊りがけで出かける用があり、16日の朝は、外堀の桜を横目で見ながら車で新幹線の駅まで行ったのです。ところが、17日の夕方、同じ道を車で帰ってきたとき、我が目を疑いました。

桜の花がすべて散って、丸坊主になっていたのです。どの木もみな同じく茶色の世界に・・・。

まだ葉も出ていない桜の木は、何ともさびしい限り。

聞けば、この2日間、気温が上がったばかりでなく、強い風も吹いていたのだそうで、桜はすべて、あっという間に、皆散ってしまったのでした!

・・・やはり、ソメイヨシノはクローンだから、皆、同じ行動をとるんだなぁと改めて感心した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月10日 (月)

デンドロビューム

6~7年前に4本立てで購入したデンドロビュームが、勝手気ままに増殖中coldsweats01

デンドロビューム

花が終わって、そのままにしていたら、いたるところから新芽が出てきてしまい、それを摘み取って新しい鉢に植えたりしていたら5鉢に増えてしまった。

デンドロビューム

古いパルプに、寄生した(?)新しいパルプがどんどん育っていく。
すごい生命力だ!

パルプをまっすぐに矯正したほうがいいのだろうけれど、手に余る。
ついうっかり、株分けの時期を逸してしまったり、細いパルプのうちに摘み取ってやらなかったものが、がっちりと癒着しているから・・・。

デンドロビューム

開花の季節もずれてきて、今年はとうとう4月が最盛期。ちなみにこの写真は4月7日撮影。

いつも、この花姿の自由奔放さを見てため息が出るのだが、毎年毎年、きれいな花を咲かせてくれるので文句は言えない。

でも、どうしたらこのデンドロビュームにとって、もっと良いのか、どなたか教えていただきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 9日 (日)

感謝の日

3月21日は、娘の卒業式でした。

4年前、暖かな日差しと桜に迎えられた入学式がつい昨日のことのようですが、卒業式のこの日は、まるで冬に戻ったかのように肌寒く、冷たい雨の降る日で、巣立っていく娘たちを叱咤激励しているかのようでした。

式場は、キッセイ文化ホール。
セイジ・オザワ松本フェスティバルの会場の一つです。

感謝の日

学長の式辞、各学部代表者への卒業証書授与と、卒業生総代の答辞と、厳かに式は進みました。

感謝の日

締めくくりは、大学の管弦楽団による演奏。

ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲を聴きながら、先ほど総代が述べた「出会いに感謝したい」という一言を思い出していました。

まさしく、娘が今ここにあるのは、これまで関わって下さったすべての方たちのおかげだと思いました。

特に2年前に膵・胆管合流異常で手術した時など、先輩・友達の助け、病院の先生・看護師さんの力があったからこそ、今もこれからも元気に暮らせるのだと、心からありがたく思いました。

卒業式に臨席した日は、感謝の日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レストラン鯛萬

娘が松本にいるうちに行きたかった、フレンチレストラン鯛萬に、娘の大学院入学祝いという口実で、ランチを食べに行きました。

天井の高いお部屋で、たまにはちょっと格式ばって、お洒落してフレンチをいただくのもなかなか♪

レストラン鯛萬

お料理はすべて、家では作れない、手の込んだもので、すべて美味しかったです。
レストラン鯛萬

この他に、パイ包みのお料理、肉料理も出されました。

レストラン鯛萬

中でも絶品だったのは、リンゴ尽くしのデザートでした。
生のりんご、揚げたリンゴ、ワイン煮、キャラメりーぜしたもの、ソルベ・・・。
異なる食感と複雑な味わいが一体となって、感動的でした。

レストラン鯛萬

裏口も、蔦の絡まる雰囲気のあるたたずまいでした。
レストラン鯛萬

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 7日 (金)

ヒカリヤ ヒガシ

ヒカリヤ ヒガシ

松本市の120年前に建てられた名門商家「光屋」をリノベーションした日本料理のお店で、娘の大学卒業祝いをしました。

この並びに倉に続く入り口があり、そちらは西洋料理のヒカリヤニシとなっています。

ヒカリヤ ヒガシ

歴史ある建物でいただく会席料理は、雰囲気からごちそうです。

ヒカリヤ ヒガシ

春のお祝い膳。あと旬の魚のお造り、お吸い物、ご飯、香の物、信州味噌仕立て、桜餅などが供されました。

ヒカリヤ ヒガシ

娘のお祝いと伝えたら、お店からのサービスで、娘には特別にお赤飯をいただきました。

ヒカリヤ ヒガシ

セレクトした日本酒も美味しく、満足した会食でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野麦

10年余り前、松本で研究会があった時に、お昼に蕎麦が食べたくなって、ガイドブックに出ていたお店「野麦」に行ってみようとしたことがあった。

その時は、初めての松本で道不案内。途中で迷ってしまったため、時間が無くなった。

もし探して行けたとしても、行列ができるお店らしいから、午後の開始時間に間に合わないと判断、近くにあったお蕎麦屋さんでお茶を濁してしまった。

今回、娘の卒業式を2日後に控え、松本での食べ歩きも最後になるかと思い、リベンジをすることにした。

「野麦」は、今でも行列ができるお店だった。

野麦

12席しかない小さなお店なので仕方ない。

3月下旬の松本、この日は晴れていて暖かかったので、幸いなことに外で並んで待っていてもまったく苦にならなかった。

ようやく中に入れたが、中でも待つための椅子があって、しばらく待機。

メニューは、ざるそばと、かけそばの2種類。

かけそばは、椎茸、卵、油揚げ、ネギなどの具が入った暖かいお蕎麦。
椎茸がとてもおいしかった。
お新香と椎茸は、サイドメニューでおつまみに頼めるらしい。

野麦

ざるそばの蕎麦は、かなり細くて、のど越しの良い蕎麦だった。

野麦

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 3日 (月)

惑星ショコラ

卒論も受理されて、卒業式を待つばかりとなった娘は、違う仲間との3度の卒業旅行を計画していて、まず、第1弾、京都に行ってきた。

先輩、後輩との飲み会も多数こなしていた3月3日の夜、タクシーで移動するときにどうも財布を落としたらしいのだが(たぶんタクシー代は先輩が払ってくれたので財布がないことに気付かなかった?)、翌朝、「カード止めて」と電話がかかってきた。

銀行、郵便局のキャッシュカード、健康保険の被保険者証。

これで2度目の紛失届を出すはめに。・・・全部一緒に財布に入れるな!

1度目は夕飯を食べに行ったお店の椅子の間にあったのを、後日店員さんに見つけてもらったのだそうだが、今回は、片っ端からタクシー会社に電話をかけたけれど、どうも見つからなそう・・

そんな中、急遽お土産を持って帰省。

大阪リーガロイヤルホテルのショコラブティック レクラの「惑星の輝き」。

「レクラ」とは、フランス語で「輝き」という意味らしい。「宇宙(そら)の輝き」を表現。

その美しさにちょっと感動!チョコレートの芸術♪

食べても美味しく、(特に地球がビターなチョコで好みだった)ショコラティエのこだわりにも感動。

どうも、娘が彼氏からプレゼントされた物のようなのだけれど、一人では食べきれないと思って、私達と感動を分かち合おうとして持ってきたらしい。

娘よ、ありがとう!

惑星ショコラ

太陽系の惑星8個入り。

2006年以前にレクラがあったら、冥王星も入って9個入りだったのだろうか?

今、9個入りのものは、太陽が入った、「太陽系チョコ懐石」だそうだ。

惑星ショコラ
惑星ショコラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 2日 (日)

市田柿のデザート

2月の連休に、愛知の大学の大学院に進学する娘のアパートを探しに出かけました。車で、まず松本にいる娘をピックアップしてから、高速道路を南下して愛知まで。
松本に着くまでに、雪の吹雪く厳寒の高速道でウオッシャー液が凍ってしまったりのハプニングがあったりしましたが・・・。

途中のSAで休憩中、娘と、お互いがネットで調べた物件を比較、どこの不動産屋に行こうかを話し合っていたところ、娘がちょっと気になる物件があると言うので、まずはその不動産屋に行こうということになりました。

とても運の良い事に、その最初に行った不動産屋が、大学御用達のような不動産屋で、学生専用アパートも多く扱っていて、行った当日に出たばかりの物件があるとのことでした。
私達は、車での通学を考え、帰省や出かけるのに便利な、駅近くの物件ばかり調べていましたが、朝の車の渋滞は半端ないので、大学に近い方が良いとのアドバイス。

その物件は、大学には歩いて行けるし、間取り、広さ、新しさも申し分なし、駐車場付き、しかも道路を挟んで向かいが大きなスーパーマーケット!銀行のATMも入っている。

一も二もなく即決でした。

一晩泊まって、立ち呑み屋などを開拓し、家族水入らずの時を過ごしました。

帰り道、娘がお薦めのスイーツのお店があるというので、途中高速を降りて、伊那の「信州 里の果工房」へ。

市田柿を使ったお菓子が絶品ということで、3種類買ってきました。

切り口が芸術品のような市田柿のミルフィーユ。バターとクルミ入りの栗きんとん、杏のハードゼリー、柚子入りナチュラルチーズが干し柿の間に層状にサンドされていて、複雑な味わいが絶妙にマッチ!

市田柿のデザート

侵襲伊那栗の栗きんとんと、栗焼酎を加えたガナッシュを市田柿に詰め、ビターチョコレートでコーティングした、フリュイショコラ市田柿。

甘いものが苦手な人もOK!
市田柿のデザート

軒のひなた柿
干し柿の中に、伊那栗の栗きんとんが入っている。素朴な味。
市田柿のデザート

ミルフィーユは要保冷なので、暑い季節に買いに行くときは保冷バックを持って行こう(^^)/
市田柿のデザート

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1月を振り返って

1月を振り返って
中旬には、道路も埋まるほどの大雪で、こんな雪が続いたらどうしようかと憂えていましたが、下旬には雪も峠を越しました。

下の写真を撮った日は、日本海側の冬には珍しい快晴で、まぶしい日の光にウキウキしながら、高田公園まで散歩に行ったのでした。

1月を振り返って

高田城三重櫓

1月を振り返って

寒さはやや厳しく、お堀の水面にも一部氷が張っていた

1月を振り返って

雪の中の LORA (舟越保武)

1月を振り返って

プロムナードの少女像

彼方に見えるは、妙高山

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 1日 (土)

夕暮れ

夕暮れ
夕暮れ
夕暮れ
夕暮れ
夕暮れ

2017年1月2日
日枝神社にて初詣
夕暮れ時、青田川から、妙高山を望んで。

雪国にしては珍しく良いお天気のお正月でした。

(ずっとブログ更新してなくて…今更なんですが、備忘録としての役割を果たしてもらうべく投稿f^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月27日 (木)

小川未明12冊の絵本

図書館で行われていた、小川未明12冊の絵本展。ちょうど会期の最終日に観て来ました。
現代作家が手がけたオリジナリティーに満ちた原画、刺繍、立体作品が展示してありました。
会場入口では、フランス装仕上げという特別な装丁がなされた10数センチ四方の可愛い絵本が12冊、自由に手にとって読めるようになっていました。楽しい時間が過ごせました。
絵本の販売もしていましたが、私が一番気に入った『赤い船』は販売しておらず、残念でした。
せめて写真でもと、展示してあった作品の一部を、写真に撮ってしまいました。
後期の作品しか生で観られなかったので、前期の会期中に来て、前期の作品も見てみたかったものだと思いました。

小川未明12冊の絵本
小川未明12冊の絵本
小川未明12冊の絵本
小川未明12冊の絵本
小川未明12冊の絵本

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«月暈(げつうん・つきがさ)