« 拝啓、小泉さん | トップページ | 女王の教室 »

2005年9月15日 (木)

民意

―まだ頭から、選挙のことが離れないのでまたその話題になってしまいました―

選挙には「国民の意思」=「民意」が反映されます。

しかし、「民意」といっても、それがしっかり国政のこと、候補者のことを考えた上でなされたのかは、疑問に思うこともしばしば・・・。いくつか挙げてみます。

☆民意は「旋風」によって左右されやすい。

強いパワーを持った者、カリスマ的指導者が巻き起こす旋風に引き寄せられやすい。今回は「小泉旋風」という風が吹いた。

皆がその風に乗ってしまったら、民主主義というより全体主義に近くなってしまうのではないかという恐れがあるのだが・・・。

☆民意はしがらみにしばられる。

例えば、お父さんに世話になった、お父さんのような手腕を期待する、等々。

毒舌だけで人気を保っている〇中〇〇子さん。どうしてこの人が当選するのか不思議だと友人が憤慨していた。

外務大臣時代に、不法入国した金正日の長男とおぼしき男を拘束したがそのまま返してしまった!拉致問題解決のためのカードとして使えたはずなのに・・・。お父さんが築いた中国とのパイプも錆びつかせたままだった。その有利な立場を利用して善処していれば、現在のようには日中関係のこじれが大きくなっていなかったかもしれないのに・・・。要するに何も実績がない。

でも本当に実績がないままだと、さすがに民意も次第に離れていくんじゃないかなーと、思う。

☆民意は付加的な要素でガラッと変わる。

例えば、〇〇ハウスで有名になった〇〇宗〇さん。有罪判決を受けたにもかかわらず、当選した。

過去に犯したことの善悪はともかく、彼の政治信条は「弱きものに光を」「政治は弱者のためにあるべきである」だという。・・・良いことを言うじゃない。応援演説をした立派な娘さんや一貫して応援している松山千春の存在。この娘さんを育てた親であり、この娘さんや松山千春が信頼している人物なら・・・という思い。

久しぶりに見る彼は人相も良くなっていたりして・・・。通るんじゃないかなという空気があった。案の定当選した。

例えば、もう一人有罪判決を受けた身の、〇元〇美さん。

彼女は多分、社民党のスケープゴートになって、告発されたんじゃないかな。土井さんを守るために罪を一人でかぶった。それがあるから、社民党は彼女を比例第1位に据えた・・・んだろう・・・おそらく。そんな浪花節的なところが有権者を動かして彼女を当選させたのかもしれない。

☆民意の傾向として、新物好きで、きれいな人に弱い。メディアに影響されやすい。

〇山さ〇きさん、佐〇ゆ〇〇さん、藤〇真〇〇さんなど。華麗なキャリアがあり、かつ美しい。ビジュアル的にTV映りがいいので、よく取り上げられていたから知名度もアップ、出身地でないのにもかかわらず、かなりの票(8万票以上)を集めた。

それなりのキャリアのある人は何かしてくれるかも・・・という安易な期待もあったのかな。

さて、いろいろなご意見、ご異論もあるでしょうが、民意を受けて衆院議員となった方々は国民の負託に応えるべく、それぞれ、持ち味を生かして頑張っていただきたいものです。

|

« 拝啓、小泉さん | トップページ | 女王の教室 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私には今度の選挙に「民意」があったとは思えないのです。民に深く考えさせず「民心」をコントロールした者が選挙を勝ったのだと捉えています。
次の選挙での揺り返しのことを考えると、自民党はかえって困っているのではないかな。

投稿: しりあげむし | 2005年9月16日 (金) 23時26分

なるほど!
コントロールされちゃったのが若者層に多かったようですね。

これだけ圧勝してしまうと、次期の選挙では誰が総裁になっても「議席を減らす」ことになるでしょう。

でも勝った、負けたということより、どれだけ国民のことを考えた政策を立法するかが、国会議員にとって一番大事なことなのじゃないかなぁ・・・。

投稿: まりママ | 2005年9月17日 (土) 01時19分

もし私が自民党右派で改憲を狙っているなら、次の選挙の前に「日本国内で外国勢力によるテロ」をさせます。
それが北朝鮮でもアルカイダでも、世論は沸騰して「バイバイ第9条」となるでしょう。今の社民党の言うことなんて誰が耳を傾けるものですか。
治安当局はテロ情報をつかんでいても、それが日本の中枢に致命的なダメージを及ぼすものでない限り黙殺するかもしれません。パールハーバーでアメリカが使ったと噂される手ですね。
うがち過ぎのシナリオでしょうか?実際に起きないことを心から祈っています。わが子を戦場に送りたくはありません。
政治の話はこのくらいにします。

投稿: しりあげむし | 2005年9月17日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民意:

« 拝啓、小泉さん | トップページ | 女王の教室 »