« なぜ男系男子継承なのか? | トップページ | ジャポニカロゴス »

2006年9月17日 (日)

男系男子継承とは・・・

続きです。

遺伝的に考えてみます。

人間は、22組44本の常染色体(染色体:遺伝情報の集まり)と2本の性染色体を持っているのですが、この性染色体がXXだと女性、XYだと男性です。

赤ちゃんができるとき、女性の卵子と男性の精子が受精してできるということは、生物とか、保健とか勉強した方ならご存知でしょう。

この卵子には、22本の常染色体と、染色体があります。(2本のX染色体のうち1本は不活化するのだそうです。)

精子は、22本の常染色体と染色体があるもの と、22本の常染色体と染色体があるもの との2種類できます。

受精の際、染色体をもった精子が卵子とくっつくと、22本+22本=44本の常染色体とという性染色体を持った受精卵となり、女の子ができます。

一方、染色体をもった精子が卵子とくっつくと、性染色体はとなって、男の子ができます。

さて初代の染色体がだとしましょう。
その妃の染色体がXXとすると、二人の間の皇子の染色体はとなります。

その皇子XXの染色体をもつ妃との間に皇子をもうけると、

またこの皇子と、その妃XXとの間にできた皇子だと

次の世代、XXだと・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり、「男系の男子」はどんなXXがきても、連綿と同じ染色体を受けついでいくことになります。まさに「万系一世の」血統です。

125代も続いているということで、これほど由緒正しき血筋は、世界中でも他には無いわけです。

ここで、男系の女子だと(。配偶者の染色体をXYとすると、女系男子となる皇子のY染色体は、ということになり、染色体は途絶えてしまいます。皇朝が変わるといってもいいでしょう。

と、こんな事を考えましたが、間違いがありましたら、どなたか、ご教授ください。

有識者会議では、はじめから結論ありきのように、拙速に女系天皇容認をうちだしましたが、本当に、「日本の伝統」ということを考えたのか、第2次大戦後GHQ主導のもとに臣籍降下された旧宮家のことも考慮したのかどうか、もっと議論が必要だったのではないかと思うわけです。

まあしかし、現在この世の中、光源氏のような振る舞いが許されるべくも無く、藤原道長達のように、権力を得ようと競って娘を嫁がせるようなことや、大奥とまでも行かなくても側室制度とか、あるわけがなく、かつ少子化のご時世、いずれ、今のままでは、「男系男子継承」が、立ち行かなくなるのは自明で、また、男女平等の尊重や、皇室に嫁ぐ方のプレッシャーを軽減するためにも、「女性の天皇」についても考えるべきではないか とも思うのです。

伝統を守りつつも、柔軟に。
良い方策がないか、時間をかけてもっと多くの人の間で話し合われることが必要だろうと考えます。

、XYだdddだだ

|

« なぜ男系男子継承なのか? | トップページ | ジャポニカロゴス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「まりママ」さま、小生のブログにコメントおよび、トラックバックありがとうございました。小生も、職業柄か、男女平等という考え方は十分に持っているつもりなのでが、天皇が男系で維持されるべき云々などと主張すると、どうしても、「男女平等に反するのでは?」といった反論を受けてしまいます。でもでも、貴殿の、女性の立場からのお考え、説得力ありますね。自身がつきました。(^^♪ なお、小生、トラックバックの意味がよくわかっておりません・・・。(^_^;)

投稿: 地方の外科医 | 2006年9月17日 (日) 23時42分

「地方の外科医」さま、ようこそ。
コメントありがとうございます。

男系男子継承にこだわる人の中に、いまだに「女は子どもを産む道具」と考えている人がいるとしたら、女性として許せない事なのですが、今の皇室の方々にはそういう方はいらっしゃらないと思うし、この遺伝学的事実には、圧倒され、納得せざるを得ませんでした。

まあ、X染色体のほうがはるかに遺伝情報が多く、Y染色体のほうは、性別決定くらいしか重要な情報がないんでしたね。ある意味、女性のほうが強くて優秀なのでは・・・なんて思ってるので、余り目くじら立てずに済んでいるのではないかと思います。

『トラックバック』ですが、ブログ散歩をしていて、自分の記事と似た記事を見つけたとき、「私も同じような記事を書きましたので、私のブログにもお越しになって、記事を読んで下さい。」という意思表示をすること、と思ってください。

投稿: まりママ | 2006年9月18日 (月) 00時33分

 まりママさま、こんにちは。
トラックバックの意味よくわかりました。有難うございます。しかしながら、そのやり方がまったくわかりません。ココログの「トラックバック野郎」をみても、全く理解不能でした・・・。(~_~;)
 もし宜しければ、失礼ついでに、やり方もお教えねがえませんでしょうか?
 九州はまだまだ昼間は暑いですが、夜は肌寒い日もでてきました。そちらはいかがですか?くれぐれも「御御御風邪(おみおかぜ)」(??)をお召しになられませんように・・・。(^_^;)

投稿: 地方の外科医 | 2006年9月20日 (水) 20時08分

朝夕に、めっきり秋を感じるようになってきました。さっき、喉が痛かったので、よ~くうがいしておきました・・・。

さて、トラックバックのやり方ですが、相手の記事の本文下に、
 「この記事のトラックバックURL:」というのがあります。ちなみに私のこの記事では

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11912965

となっています。これをコピーして、今度は自分の記事作成画面上で、右下あたりに、
 「相手先のトラックバックURL を入力」
の欄があるので、コピーしたURLをペーストします。そして、「保存」をクリックすれば、トラックバックが送信されます。

御試しください。

投稿: まりママ | 2006年9月21日 (木) 00時07分

まりママさま、トラックバックのやり方、よく分かりました。どうもありがとうございました。m(__)m

投稿: 地方の外科医 | 2006年9月21日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男系男子継承とは・・・:

« なぜ男系男子継承なのか? | トップページ | ジャポニカロゴス »