« 新庄剛志 | トップページ | 14才の母 »

2006年10月30日 (月)

患者さんからの手紙

うれしい手紙が届いた。

小学校2年生の男の子からの手紙だ。

3歳のときから診ていたのだけれど、今年の始めに引越していった子だった。

小さな時から重症のむし歯に罹っていて、前歯を失い小児義歯も入れた子だった。

転居先の小学校の歯科検診で、学校歯科医の先生から、「きれいな歯ですね。これからもはみがきをつづけましょう。」と言われたそうだ。

「先生のおかげです。ありがとうございました。」と書いてあった。

本人は、誉められてよっぽどうれしかったに違いない。うちに帰ってから喜んで話をしたのだろう。

母親からも「・・・・・大変お世話になりました。今回このような事があり、ぜひ報告したいと思い手紙をかかせていただきました。・・・・」と書き添えられていた。

思いがけず、お礼の手紙をもらい、一日中暖かい気持ちになった。日々の診療の元気の素になった。

とてもありがたかった。

学校歯科医の先生にも感謝している。

子どもをしっかり誉めて、励ましてくれたのだから。

|

« 新庄剛志 | トップページ | 14才の母 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ただ今、日帰りシンガポール出張から帰ってきました。東京~九州の日帰り出張と同じようなもんだ、と言い聞かせても、ヤッパリ50近い身体は正直で、くたびれました。今から会社のメールをつないで、明日の指示を部下に入れておかないと、、、(明日は明日で、タイ国内往復600kmのドライブで得意先訪問です。日本のこうそくの600kmと違い、バイクや車が逆走してきたり、牛の群れが横切ったりするような道の600kmなので、結構厳しい、、往復7時間掛けて商談はせいぜい2時間、飛行機飛んでない田舎なんだよね)
 しかしまりママの話題は不思議と我が家の話題にリンクしています。10歳の長男が、今歯の矯正をしています。彼の場合、上の前歯が下の前歯の内側に噛みあってしまうパターンです。こちらの歯医者さんで歯の内側から押し出すようなマウスピースみたいなものを作ってもらって装着しています。
 しかし、、、外でご飯を食べる時は外すんだけど、そのままテーブルの上に置いておくと人に見られて恥ずかしいもんだから、紙ナプキンを上にかぶせて食事をして、、、そうです!すでに2回も置き忘れてしまったのです! そのたびに○万円が飛んでいく、、、、 僕が歯が滅茶苦茶悪いんで(今度新潟行くから見ておくんなさいまし!)、、川口のは○”ら歯科覚えてる?? 子供の歯だけは守ろうと、子供たちが小さい時はしょっちゅう口の中覗いていました。娘が6歳の時に川崎病にかかってしまい、治療のためアスピリンを長期間服用したので、体内のカルシウムがやられて、歯の質が少々気になりますが、それでも僕よりは100倍いいです。これだけが、僕が子供にしてあげられた事かも?!?!

投稿: 大浦~松島 | 2006年10月31日 (火) 01時51分

お忙しい中、またまた長いコメントをありがとうございました。
そうそう、「歯は一生もの」ですから、小さいときからお口の中を見てあげて、守ってこられてよかったです。
川口のは○”ら歯科に通ってたんですか?あそこの娘さん夫婦は横渚で開業しているらしいです。(←ローカルな話題・・笑)
息子さんの装置を無くさないように専用ケースもしくは小さなタッパ-ウエアを持参して食事中に保管しておくようにお勧めします。

投稿: まりママ | 2006年11月 2日 (木) 04時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんからの手紙:

« 新庄剛志 | トップページ | 14才の母 »