« 大正琴 | トップページ | のだめカンタービレ »

2006年12月13日 (水)

今年の漢字

061213_2337 今年一年の世相を表わす漢字に命」が選ばれました。

2位は「悠」、3位は「生」 だったそうです。

秋篠宮家に悠仁様がお生まれになったことや、いじめ自殺などの多発で、「命の重みを痛感した年」という理由が多かったとのことです。(日本漢字能力検定協会の公募による)

なるほど。

反響の多い「14才の母」も「命」と「生」のテーマだけから見れば、いいドラマだと思うようになりましたし・・・。

(写真は今朝の読売新聞の朝刊から。
清水寺の森清範貫主が揮毫。)

ちなみに、去年は「愛・地球博」があったので 「愛」、おととしは中越大地震などが起きたため、 「災」 だったようです。

さて、私自身の今年一年はというと・・・

「老」 を自覚した一年だったかなと思います。

まず、。視力は相変わらず、1.5~2.0なのだけれど、細かい字がぼやけて読みづらい。とうとう、老眼鏡のお世話に。遠くを見通せる眼は持っている(?)けれど、近くのことは疎いということの表れ?

そして、。一つのことをしている途中に違うことをすると、直前のことを忘れる。物忘れが増してきて、夫から、脳ドックに行ったら?と言われる始末。あ~あ・・・。

の低下も否めません。短距離だと、娘にかなわなくなったし・・。(娘は、けっしてはやいほうではないので、ダブルショック。)ジャンプ力も、特に幅跳び系ががた落ち。もっとも腰に負担がかかるので、仕方がないかなとも思うのですが・・・。

。 鏡で見ている時は、大分「主観」という色眼鏡を通して見ているので、感じないことも、写真という、まったく「客観的」なものを通して見た時、愕然とするものがあります。写真は残酷ですね。

・・・まあ、落ち込んでも仕方ありません。

自分自身を認識しながらも、来年はちょっとあがいてみましょう。目標「若」!

 

|

« 大正琴 | トップページ | のだめカンタービレ »

ニュース」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の漢字:

« 大正琴 | トップページ | のだめカンタービレ »