« 今年の漢字 | トップページ | セーラー服と機関銃 »

2006年12月17日 (日)

のだめカンタービレ

「大人買い」をしてしまった。”のだめ”1巻~16巻+CDブック2巻。

TVの”のだめ”にはまって、コミックも読みたくなったのだ。1800万部+16部。売上に貢献してしまった。

作者、二ノ宮知子の知り合いの音大生の友達に実在の「のだめ」ちゃんがいて、彼女への取材から作品が生まれたらしい。「ごみ部屋にピアノ」のモデルだそうだ。

題名を決める時、彼女達の協力で、「のだめ○○」の○○に「カンタービレ(歌うように)」をつけたら、実在の「のだめ」ちゃんにかぶせて、皆に大受けしたため、「のだめカンタービレ」になったという。

まだ、コミックの方は届いたばかりで読んでいないので、TVドラマとは比較できないが、ドラマでは上野樹里ちゃんが、変な女の子「のだめ」ちゃんを好演しているし、何と言っても、「千秋先輩」の玉木宏がかっこいい。特に目をつぶると、長いまつげと色っぽい唇が、まるで、マンガから抜け出たような美男子ぶりを際立たせ、のだめちゃんが、「しゅきあり。(先輩、いただきますぅ・・)」とやってしまうのもうなづける。

毎回、肩肘張らずに、クラシックの楽曲を聞けるのもいい。

お堅いクラシック音楽のイメージを一新して、楽しくクラシックを聞ける、クラシックファンの裾野を広げる役割を果たしているようだ。

さて、早速コミックを読みながらCDを聞いてみることにしよう♪

|

« 今年の漢字 | トップページ | セーラー服と機関銃 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(この歳になって、マンガなんて…)
(でも、今年は遠くの忘年会に出なかったし…)
(マンガ+CDで娘がクラシックに興味を持てば、情操教育に役立つかも知れないし…)
(ネットで買えば重いのを持ってこなくていいし…)
(もし飽きたら待合室に出せばいいし…)
…という思考経路を辿って「大人買い」したものの、本を置く場所に困っているというような人は、まあいないでしょう。

投稿: しりあげむし | 2006年12月19日 (火) 23時32分

きゃ~!!!
ここでも「のだめ」の記事だわ~!
さっきお邪魔したブログでも「のだめ」の話題でした。
う~、私もマンガ読みたいです!
ドラマのほうはキャストが大正解でしたね。
まりママさん、CDブックまで買ったんですか。
結構オタクの素質があるかもしれませんね(笑)

投稿: 無限角 | 2006年12月20日 (水) 11時06分

☆しりあげむしさん。
鋭いご指摘ありがとうございます。
全16巻、きれいに並べる場所、いまのところありません。置く場所ですか・・。すでに、のだめの部屋状態へ向かいつつある我が家ですが、足の踏み場はまだ残っておりますので、届いたダンボールを電子ピアノの傍に置き、出して読んでは、またしまうということを繰り返しております。は・は・は・。

☆無限角さん。
ねぇ~、キャストいいですよね。
若いお母さんとも、最近この話題で盛り上がりました。

マンガ、細かいところがおもしろいです。カバーのカラー口絵も、一巻ずつ違う楽器と、のだめが描かれているし、帯にも各巻、違う登場人物のプロフィールが載っていて、これも楽しいです。
原作とドラマの登場人物に、全く違和感がないというのもめずらしいかも。
「オタク」の素質?ワハハ・・。お褒めに預かり光栄です。

投稿: まりママ | 2006年12月21日 (木) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ:

« 今年の漢字 | トップページ | セーラー服と機関銃 »