« 映画「硫黄島からの手紙」 | トップページ | マクロビオティック »

2007年1月16日 (火)

他山の石

今日の失敗。

患者さんに、上あごに「リンガルアーチ」なるものを装着する必要があって、いつも通り、STロック(mini)とよばれる細かい部品を蝋着したり、ワイヤーを曲げたりして、作った。
歯がほっぺた側に向いているし歯茎が被っているところが多くて、STロックの蝋着は難しかった。苦労して、とにかく下の歯にぶつからないだろう位置に下げて蝋着した。
患者さんは明日来院する。

さて念のために採ってあった下の歯の模型と噛ませて見た。
噛んでも当たらない。

だが、横に動かした時、微妙にSTロックから伸びるワイヤーに下の歯が当たるところがあることを発見。

下の6歳臼歯の舌側が普通の人と違って高すぎるのだった。

慣れた仕事だったので、事前に良く確かめなかったのが失敗の原因だと思うのだが、うわっ、どうしよう。もう明日なのに。今の部品が使えればよいが、そうでない場合、新しい部品が在庫になく、注文しなければならない。間に合わない。

多分かんでも当たらないから、わからないかもしれない。

費やした経費や時間が、頭をよぎったが、いや、そんなことをしたら不二家と同じだ。

何より、良心とポリシーに反する。

作り直すことにして、患者さんにはアポイントを延期してもらうよう、受け付けにお願いした。

|

« 映画「硫黄島からの手紙」 | トップページ | マクロビオティック »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歯医者さんって特殊技能というか、職人さんだと思っていたのですけど、これを読んで納得できましたよ。一人一人まったく違う条件に、ぶっつけ本番で挑まなければならないまりママに敬意を表しちゃいます。(でも、あの華奢なまりママが力仕事?してるなんて、まだ信じにくいんですけど) 私が就職活動の時に作った前歯のブリッジが流石に有効期限過ぎようとしています。さて、どうしたものやら、、、

投稿: 大浦~松島 | 2007年1月23日 (火) 14時50分

大浦~松島さん
その通り、歯医者は職人ですね。または、アーティストかな?(笑)
でもそんなに力仕事ではありませんよ。

投稿: まりママ | 2007年1月24日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他山の石:

« 映画「硫黄島からの手紙」 | トップページ | マクロビオティック »