« 略語 | トップページ | 雪の森歩き(後編) »

2007年2月11日 (日)

雪の森歩き(前編)

070208_1113 2月8日(木)

戸隠神社の奥社の参道にいる。

空は抜けるように青く、雲ひとつない。広葉樹は葉を落としているので、日の光は直接降り注ぎ、参道は明るく、そして歩くには少々暑いくらいだ。

この場所にいることが不思議なのだが、急遽、話が決まったのだった。

まず、本日は仕事が休み。夫はゴルフに誘われて行く事が前日にわかった。娘は学校に行っているし、私一人になる。

よ~し、スキーに行こう。レッスンを受けよう。・・・と、前夜10時過ぎに決めて、モルゲダ―ル倶楽部にFAXして申し込んだのだ。

朝、妙高高原の駅で降りて、天気の良さ、雪のなさに驚く。私の車はFF駆動で、雪道には自信がないので、電車にしたのだが、これなら、車でもこれたな・・と思う。

さて、モルゲダ―ル倶楽部の事務所で、担当のNさん(鴨川生まれ)が、私のことを「晴れ女」ですね、と言う。確かに前回もピーカンだった。そこで「こんなにいい天気の時に、ゲレンデでレッスンするだけではもったいない。外に出ましょう。戸隠まで行きませんか。この前レッスンしたことを、実践で使ってみましょう。早く帰ってこれたら、ゲレンデでもレッスンできます。」というお誘いに一も二もなく乗ったのだった。

Nさんは、なにやら、いろいろ準備をし始め、私も、森歩きをするならと、衣服の枚数調節のことをM山さんから聞いて、スキーウエアの下は半袖Tシャツとタ-トルネックのシャツだけにする。(本当は、森歩きをする時には、一番上には、中綿のない、ゴアテックス製のものがいいらしいが、仕方がない。ゲレンデのつもりだったし、今日のラッキーカラーはオレンジ色だったので・・・。)

いざ出発。途中、セブンイレブンで、食料と飲み物を調達。やっぱり、コンビニは便利だとつくづく思う。

自宅から戸隠まで行くには結構乗り出があるが、妙高からだと、話をしているうちに着いてしまうという感じだった。

さすがに奥社まで来ると標高があるので、駐車場の路面はまだカンカンに凍結していて、うっかりものの私は転ばないようにスキー板を持って歩かなければならなかった。

まずは、スキー板の裏面に「シール」を貼って準備をする。リブランの森ではOさんが貼ってくださったが、練習のため今回は自分で貼る。板全面に貼るので、コツが必要。一つ一つ教わりながらしてみた。すごい粘着力!結構力仕事だった。

参道の入り口で、スキー板を履く。まだ、元気なので比較的楽勝に履けた。(・・これが、疲れてくると慣れていないせいもあってしんどくなるのだ。アルペンの、踏み込めばOKのビンディングと違うし、流れ止めもスキー板から出ているワイヤーをブーツに留めなければならないし・・・。)

いつも、中社どまりで、夏場でさえ奥社まで来たことがなかったのに、冬の雪の積もっているところを歩くなんて、思いもしなかったことだ。

入り口から奥社まで1.9キロのコース。後半は登りになる(階段に積もった雪の上を歩く)ので、1時間くらいを目安にしましょうと言われる。

例年より、やはり雪が少ないせいか、ところどころ川が顔をのぞかせている。落ちないように気をつけよう。

歩いていると体の芯からぽっぽっとしてくる。汗をかかないうちに、スキーウエアの上衣を脱ぎ、シャツだけになる。冷気が心地よい。Nさんが自分のザックにくくりつけて持ってくれた。

時々鳥の鳴き声も聞こえる。何という鳥だろうか?

070212_0910 随神門まで来た。
ただいま修復中でブルーシートがかかっていた。
これより先は、参道の様子が違う。
それまでは、広葉樹に針葉樹が混在している森の中に作られた道を歩いているという感じだったのだが、随神門から先は、びしっと太い杉並木に参道の両側をかためられ、スピリチュアルな場所に向かっているという気持ちになってくる。

立派な杉並木は、400年ほど前に整備されたものらしい。樹齢数百年のクマスギの貫禄に、圧倒される。

だんだん、上り坂になってくるが、シールをつけたテレマークスキーは、すべることなく、一歩一歩前に進める。

最後の急な坂だけは、一応チャレンジしてみたがまっすぐには登れず(斜度がきついと恐怖心から、山の方に体を傾けてしまう。そうすると、重心が、スキー板の爪先のほうにいってしまいかえって、ずるっとすべってしまうのだそうだ)、迂回して登った。

ゴールの奥社に到着。070209_0006

青空に映える戸隠の山々が迫って見える。感動的だった。

疲れも吹き飛んでしまうくらいの景色だった。

反対側の景色はというと、戸隠のスキー場がすぐ目の前に見え、ずっと向こうには、浅間山がうっすらとその山影を示していた。

奥社の扉は閉ざされていたが、一応、ニ礼ニ拍手一礼をして参拝し、お昼を食べることとなった。

(つづく)

|

« 略語 | トップページ | 雪の森歩き(後編) »

スポーツ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

えーーー、そうだったんですか!
あのお天気の中で森の中を歩いたのなら、最高だったでしょうね。
それにしてもNさん、すごいサービスだ…。

投稿: negioya | 2007年2月11日 (日) 14時37分

negioyaさん、ご報告が遅れまして・・・。

そうだったのですよ。お誘いにのってよかったです。最高の休日でした。

本当に、至れり尽せりのサービスでした。

(帰ってきてから、日帰り森歩きコースの料金をお支払いしましたが。)

投稿: まりママ | 2007年2月12日 (月) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の森歩き(前編):

« 略語 | トップページ | 雪の森歩き(後編) »