« 川渡もち | トップページ | 背比べ »

2007年12月 5日 (水)

こそば

先日の日曜日、「こそばまつり」があるというので、妙高市上小沢の『大滝荘』に行ってきた。妙高市(新井)から飯山市に向かう292号線から20分近く山間にはいったところにある、山村体験交流施設。温泉があり、宿泊や日帰り入浴もできる。Photo

Photo_2

周囲は棚田が広がり、これぞ日本の原風景、日本の里山という感じ。

何か、昭和の昔にタイムスリップしたような懐かしさを覚えた。

夫はゴルフ、娘は部活で留守だったので、すれ違いも出来ないような細く、急勾配の坂道を、一人で愛車を駆って行ったのだった。

7年も乗っているベンツのAクラスは、重いのに馬力が無く、悲鳴をあげていた。途中、登りきれるか不安になるくらいだった。無事に着いたら、どっと疲れが出た。

近年発見された「幻の大滝」まで行く元気は残っていなかった。

さて、「こそば」とは、妙高地方で栽培されている昔ながらの貴重な在来種で、ソバの実が小粒なのでそう名づけられたという。

つなぎに、「オヤマボクチ」という、葉が山ごぼうに似たアザミの仲間の葉の繊維を使っていると、インターネットで調べたら書いてあった。

「オヤマボクチ」をつなぎに使うそばは、飯山市富倉に「富倉そば」というそばがあるらしい。

Photo

飯山市から新井に向かう292号線沿いから、同じく深山の山間に入ったところのようだが、きっと同じ文化圏なのだろう。

そばに入れるつなぎで独特なのは、「ふのり」をいれる「へぎそば」や、「自然薯」を入れる浦川原のそばがあるが、それぞれ違う食感を楽しめる。

「オヤマボクチ」を使った「こそば」は、つるっ、もちもちという今までにない食感だった。

おいしいおそばだった。

天ざるを注文したのだが、カボチャやサツマイモ、にんじんの天ぷらは甘くほくほくしていて秀逸だった。抹茶塩で食べるところがいい。(お腹がすいていたので思わず、写真を撮る前に少し食べてしまった・・・。)

ただ、そばの香りなどを損なわないようにするためなのか、つゆが少し薄目の甘口だったので、関東ものの私には、ちょっと物足りなかった。そばはつゆにさっとくぐらせるだけで、あまりつけないでたぐるので、もう少し濃い目の辛口が好みなのだ。

新そばを販売していたので買ってきて、つゆを自分で作って皆に食べさせた。

大好評だった。

教えてくれた、『ねぎぼうず』のOさん、ありがとうございました。

|

« 川渡もち | トップページ | 背比べ »

」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、おはようございます。
わざわざ蕎麦を食べに山道を行く気力すごいですね。感心します(雪道なら行かないかな?)。
昨日、用事でいつもと違う道をクルマで走っていたら、よさそうな蕎麦屋を見つけました。まだ朝早かったので開店していませんでしたが(この次の機会には)と、あやふやになった脳細胞の片隅に刻み込みました。
そろそろ「年越し蕎麦は何処で調達しようか」と悩むような時期になってしまい、寒さも本格的になってきました。新蕎麦は冷水で洗って、ますます美味しくなりますね。

投稿: しりあげむし | 2007年12月 6日 (木) 05時00分

わぁー山道を行かれたんですね!
こそばがまりママさんに気に入っていただけて嬉しいです。
蕎麦のつなぎは色々あるものだと思った先日。
「まるいも」という自然薯より粘りのあるというつなぎの手打ち蕎麦を戴きました。
これもおいしゅうございました。

投稿: ねぎぼうずO | 2007年12月 6日 (木) 10時20分

♪しりあげむしさん

美味しいものをいただくためなら、苦労は厭いませんわ・・(笑)。
が、さすがに雪道はちょっと・・・でしたので、行く前に電話して確かめました。一度積もったけれど、道には雪はないとのことで、でかけることにしたのでした。
この日の高田はポカポカした良い天気で、17℃近くまで気温が上がりました。ところが、雪の残る大滝荘のあたりでは、11.5℃くらい。ずいぶん温度差があるものです。食堂の真中にある薪ストーブが暖かかったので、ほっとしました。
暖かい部屋で食べる冷たいおそばは、なかなかおつなものでした。


♪ねぎぼうず0さん

はい、無謀にも初めて一人で山道を行ったのでした。最後の上り坂がこたえました(汗)。

「こそばまつり」だったせいか、近郷近在の老若男女は皆集まったと思うほどの人出で、一階も、二階も広間から人があふれんばかり。飲めや食えで、皆さん盛り上がってました。
給仕の女性達はおおわらわで、一見の私には気づかないか、気付いても余裕がないかでしたが、オーナーか、責任者のおじさまが、気付いて、お茶を出して下さったり、チケットを取り次いで下さったり、世話をしてくれました。何でも、前に来たことがある方と勘違いされていたようです。もう一人のおじさまからも、そう言われ、世の中には自分と似た人が、七人(?)いるそうだけれど、二人の人から私と似ていると思われるような人がいたのだなと思った次第。
「まるいも」がつなぎのおそばですか。ブログ拝見しました。
また、食べてみなくてはいけませんね(笑)。

投稿: まりママ | 2007年12月 7日 (金) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こそば:

« 川渡もち | トップページ | 背比べ »