« ひな祭り | トップページ | 花粉の季節 »

2008年3月 8日 (土)

ちょっとしたこと

自宅マンションから、診療所へ通う毎日。

同じ敷地内で診療所の隣が夫の実家。義父母、義妹が住んでいる。

そのおかげで、娘をあずけながらずっと仕事が続けてこれた。

今、娘は中学生になって、部活で帰りが遅くなり、義父母宅に寄らないことが普通になってしまった。

それまでは、私の仕事が終わるのを義父母宅で待っている娘を迎えに行って、一緒に帰っていたのだが、娘がいないとなると、私も事務や技工の仕事で遅くなったときなど、そのまま、外で「おやすみなさい。」と声掛けしただけで帰ってしまうことが多くなっていた。

自分では、それで良いと思っていたつい先日。
ちょっと用があって、診療室に残っていた時、日頃はめったに来ない義父が、手にアルミホイルの包みを持って、あがってきた。

その翌日が娘のお弁当の日だった。義母が揚げ物をしたので娘の弁当のおかずにと、おすそわけしてくれたものなのだが、「いつ帰っちゃうかわからないから」と義母に言われて、義父が届けにきたのだった。

これには、参った。

やっぱり、外から「おやすみなさい」といっても、耳の遠くなった人達では、聞こえないことも多かったのだろう。

不精はいけないと反省。

それからは、また娘がいた時と同じように、帰りに寄って、しっかり言葉を交わしあってから帰宅することにした。

心なしか、義母の機嫌がいいようで・・・。
何かがあると持たせてくれる。

昨日は、佐渡の一夜干しするめ。
大変おいしくいただいた♪。

ちょっとしたことだが、挨拶・コミュニケーションは大事な潤滑油であることに気付かされた出来事。

|

« ひな祭り | トップページ | 花粉の季節 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしたこと:

« ひな祭り | トップページ | 花粉の季節 »