« もう少し・・・ | トップページ | 喉が・・・ »

2008年7月18日 (金)

未来創造堂

金曜夜11時から日テレで放送されている番組。

木梨憲武と西尾由佳理がMCで、何かに愛情や深いこだわりを持つゲストを迎えて、その話を聞き、また、日本の偉大な発明家と、その発明がなされる瞬間をドラマ仕立てで紹介するという内容なのだが、今週は前原誠司と国生さゆりがゲストだった。

あの民主党の前原誠司が「鉄ちゃん」で、奥さんから変人扱いされているというのを聞いておかしかった。

なんでもSLの「撮り鉄」なのだそうで、スタジオにも自分で撮ったパネルを持って来ていた。今年の秩父鉄道のカレンダーの表紙に投稿した写真が採用された(政治的圧力なしに)とのことで、それも見せたくて持って来ていた。カレンダーなのに、表紙を出しているだけで一遍もめくったことがないとか(笑)

坂道を「あえぎながら」走るSLのドラフト音、汽笛を鳥肌を立てながらうっとりと聞く様子や、鉄道用語を熱っぽく語る様子はまさしく鉄ちゃんだった。

発明家の方も鉄道好きな「ネジの未来を切り拓いた男」若林克彦。
夢は自分で会社を創り、そこに巨大な鉄道のジオラマをつくること。

「ゆるまないネジ」をつくることで会社を興し、試行錯誤を経ながら、とうとう震度7の振動に1時間以上もゆるまないで耐える『ハードロック・ナット』を開発し、あこがれの新幹線への使用をはじめ、台湾高速鉄道、地下鉄副都心線、NASAのロケット発射台など激しく揺れるところに、広く使われるようになった。

「絶対ゆるまず、しかしゆるめることができるネジ」はハードルが高く、鉄道会社からは何度も却下されたが、若林はあきらめなかった。やはり「鉄ちゃん」の血は熱いのか。

最後に、人が乗れるくらいの大きな鉄道ジオラマで、笑顔で、SLに乗る彼の姿があった。

鉄ちゃんって・・・。

|

« もう少し・・・ | トップページ | 喉が・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事を読む限り発表は上手くいったみたいですね。ヨカッタ、ヨカッタ。僕は来週火曜までにASEAN地区の第一四半期のまとめと、第二四半期の見通しを用意しなければならず、、一方一昨日の真夜中に娘と息子が遊びにきていて、今日はゲーセンで息子とムキになって小金をつぎ込み、夜はナイトサファリへ行ってきました。おまけに明治屋スーパーで買い物キャスターに山ほど日本のお菓子などを買い込まれ、これで今月は完全な赤字となりました!!子供と一緒なのは楽しく、財布は寂しく、、、

投稿: 大浦〜松島 | 2008年7月19日 (土) 04時00分

まりママさん、こんばんは。

金曜もちょっとアルコール入っていたんとちゃいまっか?それとも発表が済んだ開放感かしらん。

「三つ子の鉄分」はそうそう抜けるものではありません。「鉄」にかける熱意が別方面で開花することもあるでしょうが、ルーツは忘れないものです。またそれが、子どもへと「鉄遺伝子」は受け継がれていくのです(おそらくy染色体に乗ってるんだろうな)。
息子が大学の見学に行くのに、何時間もかけて時刻表調べて鉄壁の計画を立てているのを、家内はどうしても理解できないようです。私?当然あれこれと助言をして、さらに話を複雑にしています

投稿: しりあげむし | 2008年7月19日 (土) 22時38分

大浦~松島さん

久しぶりのお子さん達との楽しい一日でしたね。
でも、今日、明日と、お仕事が待ってますね。頑張ってください。
私の方もご心配おかけしましたが、なんとか無事に終わりました

しりあげむしさん、
「鉄遺伝子」を受け継いだ息子さん、鉄壁の計画は練りあがりましたか?私も理解はできないかも知れませんが、離れた所から見る分には「ヲタさん」は、微笑ましいです
 (すぐ身近にいたら、かも・・・。)

投稿: まりママ | 2008年7月20日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来創造堂:

« もう少し・・・ | トップページ | 喉が・・・ »