« 孔雀草 | トップページ | 朝バナナダイエット »

2008年10月 7日 (火)

フェラガモの靴

ちょうど10年前、従妹の結婚式に履いて行くために買った靴。

もの持ちが良い方なので、奮発して、グレードが高く、飽きないものを求めようと思った。

幅広の足の私は、それまではなかなかぴったりした靴が見つからないでいた。

この時もシューフィッターのお姉さんに、何足も出してきてもらって試し履きをして、ようやくぴったりしたものを見つけたのだった。

色はやっぱりブラック。デザインも気に入った。

カーフのスウェード、つま先にリザードの6cmヒールの靴。 私としては、かなりなハイ・ヒール。

それからというものは、冠婚、式典、その他フォーマルな装いの時はいつもこの靴にたよっていた。

この日曜日も、学会に出席するのに、黒のパンツをはこうと思ったから、この靴をチョイスした。

フェラガモの靴は、型がしっかりしていて、10年たっても全く崩れない。また、踵のおさまり具合も良く、一度も靴擦れを起こしたことがない。

今回の会場は、幕張メッセ。

東京駅から、京葉線のホームまで歩く歩く。海浜幕張の駅から、幕張メッセまでもちょっと歩く。会場では立って聴講もするし、お昼は、近くのホテルまで、また歩く。

帰りも、時間に余裕がないため、すごく足早に歩かなくてはならない。さらに、お土産と、新幹線内で食べるお弁当を調達するためにグラントウキョウノースタワーまで足を延ばし(大丸のポイントカードを利用しようなどと思ったものだから。)、売場をぐるぐる回って必要なものを買い、汗だくになりながら、発車10分前にホームにたどり着いた。

車中の人となり、大宮を過ぎ、お弁当も食べ終わり、ゆったりくつろぎ始めたころだった。

両足が悲鳴をあげ始めた。靴を脱いだら、もう二度と履きたくない気分だった。

日頃のウォーキングと同等、もしくはそれ以上歩いて、足(foot)がパンパンに浮腫んだせいか、かっちりと崩れない型の靴の中で、窮屈がっていたのだ。

今まではこんなふうになることはなかったのに・・・。

でも、そういえば、最近、靴に足を入れると少しきつい感じがしていたかもしれない。もしかして、この10年で足が太ったからでは・・・。

それと、さしものフェラガモの靴も、私の足に係っては、ウォーキングには不向きだったということか・・・。

靴擦れは起こさないのに・・・。

|

« 孔雀草 | トップページ | 朝バナナダイエット »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェラガモの靴:

« 孔雀草 | トップページ | 朝バナナダイエット »