« ゆずはちみつジュース | トップページ | 風のガーデン »

2008年12月16日 (火)

柚子三昧

再び、ゆずの話。

娘から、また、「ゆずジュース」を作ってくれとのリクエストがあり、今度は’南半球絞り’をして作った。

皮を下にして絞ると、立ち昇る香りはかなり強くなる。爽やかな香りが辺りに漂い、それだけで幸せな気分になった。黄色い皮の中の油胞が破れて、ユズノンが出たかな?

最初は、普通に絞ってから、逆にした方が、より扱いやすいようである。

’南半球絞り’の長所の一つといえるだろうが、白い部分の付いた皮と、袋、種がばらばらになるので、皮を刻んで冷凍にしておいたり、種、袋を煮込むのに便利。

夕飯は豚しゃぶだったが、’南半球絞り’したゆずを入れた「ゆずぽん」で、いただいた。

前に冷凍しておいた皮を細かく刻んだのも入れた、この「ゆずぽん」もいつになく絶品。

越後もち豚のバラ、ロースのしゃぶしゃぶ用の肉、葱、豆腐、椎茸(母が送ってくれたもの)、しらたき、えのきなどが、とても美味しく食べられた。

さらに、残った皮をきざんだものと、果汁を搾った残りの袋に、ひたひたの水と砂糖を入れて煮てみた。水分が少なくなると水を足し、砂糖も足してことことと。

Ca380105ゆずの皮の砂糖煮」というか 「ゆずのジャムもどき」が出来上がった。

甘みを抑えてもこれだけで砂糖32g(ヨーグルトに添付の砂糖8gx4袋)使用。128Kcal。ジャムだともう少し必要か。

パンにつけるには味が薄いが、このまま食べるにはちょうど良い。

仄かな苦さが大人の味。

娘に試食させたら、なかなか好評だった。

(ヨーグルトの中に入れても美味です。素晴らしく爽やかな香りが、’レトロネイザル’にやってきます♪。柚子の皮がこんなにおいしかったとは!)

|

« ゆずはちみつジュース | トップページ | 風のガーデン »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ひとつだけ皮を使うために残しておいた柚子を、昨日絞って柚子蜂蜜ジュースにしてみました。
で、残った皮などは本日細かく刻んで、鶏団子に入れ込んでみました。

投稿: 大矢かおる | 2008年12月17日 (水) 00時14分

大矢さん、こんばんは。

大矢さんの記事のおかげで、豊かな食生活を満喫することができました
感謝です。

鶏団子に入れるというのも美味しそうですね。

投稿: まりママ | 2008年12月17日 (水) 01時04分

今、会社でお弁当を食べながらブログ拝見しています。あまりに美味しそうな記事なので、ついコメント、「うらやましい!」 寒い時期の柚子の香り、最高ですよね。

投稿: 大浦~松島 | 2008年12月18日 (木) 13時43分

大浦~松島さん

南の国では、果物に恵まれていると思いますが、、「柚子」は、やっぱり寒い季節が似合いますね。

絞り方で、香りが余計に引き立つことを実感しました。帰国した時にお試しあれ。

投稿: まりママ | 2008年12月19日 (金) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柚子三昧:

« ゆずはちみつジュース | トップページ | 風のガーデン »