« 国際宇宙ステーション | トップページ | 寒いです・・ »

2008年12月24日 (水)

バトル

22日に14歳になった娘。

このところ、毎日1度は戦闘状態になる。

だいたい、言うことを聞かない、素直じゃない、変なところにこだわる。

勉強しない、携帯やPC、ハナチューとかポップティーンなどの雑誌にうつつを抜かし、化粧にまで興味を持ち始めた。

友達と自転車でジャスコとかバローとか、郊外の大型店にしょっちゅう遊びに行く。早く帰るように言っても聞く耳を持たない。

今、一番大事なのは何なんだ?優先順位があるだろう。やらなくてはならないことをしてから、いろいろ興味を持つのはいい。でも、中学生の本分が、三の次四の次になっているではないか。

1年生の3学期から、定期テストの点数がガクッと下がった。それでも、まだ、2年生の1学期までは、学年で上位10%の中には入っていた。
ところが、2学期は他の子たちが塾に行き出したり頑張ったりしたのか、点数自体は5教科で5点下がっただけなのに、順位が倍に落ちた。

これには、本人もショックを受けて、先生には、がんばるというようなことを言ったらしい(個人面談の時の先生からの話)が、喉元を過ぎればなんとやらで、一向に生活習慣を改めようとしない。

あまりにも、私が中学生だった時と比べて違うので、当惑している。

もっとも、昔は携帯もPCもないし、私の場合、田舎だったので、あまり周りに誘惑されるようなものがなかったからかもしれないが・・・。

また、小6の時にある一人の男の子が憎々しげに言った「今はできても、女の子は中学・高校と行くうちにだんだんできなくなって、二十歳過ぎればただの人だ」という言葉が呪縛となって、言うとおりになってたまるものかと、障害となるような誘惑を断ち切っていたからかもしれないのだが。

いずれにしても、一触即発の娘をどう扱うか、頭を悩ませているところである。

|

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 寒いです・・ »

育児」カテゴリの記事

コメント

怖いよ~

 

投稿: しりあげむし | 2008年12月24日 (水) 01時21分

です。

投稿: まりママ | 2008年12月24日 (水) 02時29分

まりママさんこんばんは。

ずっと以前に紹介したことがあるかもしれませんが、「自由と規律:池田潔:岩波新書:1949」をこの冬休みにお嬢さんに読ませることをお勧めします。イギリスのパブリック・スクールでの生活を通して「自由」というものの意味を語った古典的な本ですが、私が担任の教師から読まされたのが中2の時でした。この本の内容はその後ずっと私の行動規範となっています。ボロボロになるまで何回も読んで、今手許にあるのは確か3代目です。
反抗期の子どもには、親からあれこれ口うるさく指図されるより効くのではないかと思いますよ~
ただ、漢字や言い回しが難しいので、まりママさんが一緒に読んであげないとならないかも

投稿: しりあげむし | 2008年12月26日 (金) 23時23分

しりあげむしさん

アドバイスありがとうございます。
早速取り寄せてみることにします。

絵本の「読み聞かせ」は趣味でしたが、岩波新書は・・・( ̄◆ ̄;)

投稿: まりママ | 2008年12月27日 (土) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトル:

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 寒いです・・ »