« 新年会 | トップページ | ちょっと鴨川まで -Ⅱ- »

2009年1月15日 (木)

ちょっと鴨川まで -Ⅰ-

毎日、何をするでもなく、あっという間に過ぎゆく。
この数日、遅くまで起きているわりには、途中で睡魔に負けてしまうせいか、読もうと思っていた本も読めず、ブログもなかなか更新ができなかった。

それで、11日の記事が書けないでいたのだが、遅ればせながら、アップしよう。

11日の日曜日、娘の希望で、鴨川まで日帰りで行ってきた。

珍しく、連休に部活がなかったので、娘はちょっと遠出がしたかったらしい。

去年のお盆には、部活があってお墓参りできなかったので、今回は「お墓参り」が表向きの目的だったが、行くことを告げずに行けば、鴨川のおじいちゃんおばあちゃんをびっくりさせることができるだろうという悪戯心が大いにあったようだ。「サプライズ」をしたかった様子だ。
(私もちょっとわくわくしたので、つい話にのってしまったのだ。)

だから、行っても、二人が出かけていたりすると何にもならないので、事前にそれとなく探りを入れるように娘から促されて電話をかけると、ちょうどこの日は、お店(新聞販売店)の新年会をするとのことだった。
お昼の12時から3時くらいまでで終わり、その後はいったん自宅にもどり、またお店に行く予定ということだったので、確実に鴨川に居ることはわかった。

問題は時間だ。

あまり早く行っても会えないので、ちょうど3時少し前に着く『わかしお』に乗っていこう。
娘は鴨川行の目的のほかに、東京駅の地下街で、洋服・雑貨・本・キャラクターグッズなどを見たがっていたため、店が開く10時ごろに東京駅に着く新幹線にして、と逆算していくと、直江津出発は朝7時53分の『はくたか』で良いことになった。

帰りは、最終の新幹線に乗ることにすると、鴨川には、夕方5時半までは居られるし、直江津に着くのは夜の10時半ということで、少々強行軍ながら、十分日帰りが可能だった。

これを、土日きっぷが取れる最後の日(金曜日)に決めた。

土日きっぷだと、鴨川までも大人18000円、中学生は9000円で、JR東日本の新幹線、特急が乗り放題、指定席も4回までとれるので、お得だ。
日帰りにこだわったのは、泊まってくれば帰りは月曜日で、この切符が使えないことと、事前に行くことを告げなければならなくなるので、サプライズではなくなるから・・・。

さて、当日。
天気予報では終日雪とのことで心配だったが、群馬に遠征ゴルフに行くため早起きした夫が、「雪はたいしたことないな」と言ったのでひと安心。
日頃はグズな、私たち母娘だが、この時ばかりはてきぱきと着替えて準備し、出発した。路面もそれほど凍結しておらず、私の車でも怖くなかった。

直江津ー越後湯沢―東京を乗り換え時間を入れても2時間2分しかかからず、ひと寝入りしているうちに東京に着いた。ノンストップだと早くて快適だ。

娘が、お土産を貰った友達にお返しがしたいというので、まずは、東京キャラクタ-ストリートへ。開店と同時に入店。私もいろいろ見て楽しむ。
友達への土産も無事購入し、ついでに、修学旅行用の歯磨きセットも買わされる。

それからは東京駅地下街、一番街、大丸の食品売り場などをひと巡り。

財布の紐はしっかり結えたつもりだったが、こまごまと、いろいろ買ってしまったのであった。

|

« 新年会 | トップページ | ちょっと鴨川まで -Ⅱ- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと鴨川まで -Ⅰ-:

« 新年会 | トップページ | ちょっと鴨川まで -Ⅱ- »