« 第81回アカデミー賞 | トップページ | 桃の節句 »

2009年3月 2日 (月)

involvement Forum 2009

昨日、上越教育大学で、メインテーマが、 「~発達障害者支援の今後~ ライフステージ支援の在り方を探る」と題したNPO法人りとるらいふ主催のフォーラムが開かれた。

私は、新潟県はまぐみ小児療育センターの東條恵先生の基調講演が聴きたいので出かけて行った。

ずいぶん前に、新潟大学小児歯科より紹介された患者さんが来院したとき、はまぐみに通院しているとのことだったので、東條先生にお問い合わせをしたことがあり、今回、直に先生の講演を聴けるということで楽しみにしていたのだ。

「発達障害に必要な理解と支援と環境と」と題して行われた講演は、発達障害の中の自閉症スペクトラムのうち、特に知的障害のない、高機能広範性発達障害(アスペルガー症候群)を中心にしたものだったが、むずかしいところもわかりやすく、飄々と、時折ユーモアを交えながらお話された。

彼らは、情報処理(入力・分析・出力)に不具合がある。特に「心の理論(人の心を読む、共感する、他者の目を持つ)」ということが不調なため、自らの感覚・感情・論理に従うしかなく、自己中心的な思考と行動をすることになる。

入力では、フィルタの不調で、情報過多となりパニックを起こす。サバイバルのために、シャットダウンをする。日本語があたかも外国語のように聞こえる。写真的記憶は得意だが、人の表情が読めない。味覚、皮膚感覚、嗅覚に好き嫌いがはっきりしている。

分析はall or nothing。好きか嫌いか。

出力は、分かっている範囲で律義に。語学力、会話力に問題があるため、戸惑い不安の強い外国人的立場に立たされているかのようである。

社会適応のためには、

異文化交流としてとらえるとよい。
互いに認識し合うこと。
本人に不足している語学、行動様式、規則、文化を学習させる。

本人と、社会・世間を双方向に結ぶコンタクトパーソンが重要で、コンタクトパーソン的支援は、ライフステージを通じて断絶することなく受けられることが必要。

環境調整により、安定化をはかる。
不安解消グッズサバイバルキットやグッズ(お守りなど)を身につけ、不安解消スペース(サバイバルスペース、グッズ )を確保。

批判・叱責の対象ではなく、不安や戸惑いの強い立場に立たされているから、支援・援助対象であるという視点の切り替えが必要。

などが、かいつまんでいうとあげられる。

なるほどと思うことも多く、有意義な講演だった。

|

« 第81回アカデミー賞 | トップページ | 桃の節句 »

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、こんばんは。

「絵カードを使った障害者歯科診療・視覚支援の考え方と実践」という本が医歯薬出版から出ています。
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.cfm?bookcode=442590
ある程度の理解力のある自閉症スペクトラムの子には、ノンバーバル・コミュニケーションの手段として効果があります(カードで遊び始められるとどうしようもなくなりますが (;´д`)トホホ…)。
ご参考まで。

投稿: しりあげむし | 2009年3月 2日 (月) 22時28分

しりあげむしさん

いつも貴重な情報提供ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿: まりママ | 2009年3月 3日 (火) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: involvement Forum 2009:

« 第81回アカデミー賞 | トップページ | 桃の節句 »