« JMF 8th | トップページ | プモ・リ »

2009年9月19日 (土)

歯ブラシ1本9450円也

高くついてしまった1本の歯ブラシ・・・。

今思い出しても、あの一瞬の出来事は信じられない。

先週の金曜日のこと。

しばらく、台所のシンクの排水溝掃除をさぼっていた私は、「今日こそは!」と意気込んで、徹底的にきれいにすることにしたのだった。

まず、パイプクリーナーで数十分下処理をしてから水を流し、ごみ受け廻りのトラップにこびりついたバイオフィルム化した水垢をこすってきれいにした。

さらに、排水管の上に被せてあるワントラップなるものもはずして、外側も内側も使い古しの歯ブラシで磨いて、汚れを落とした。

そして反対に汚くなった歯ブラシの毛先もきれいにしようと、シンクの上に置いたままにしてあったのだが、ワントラップをはずしたままであることを忘れ、うっかり水を流してしまったら・・・。

・・・「あっ」という間に歯ブラシが排水管の中に消えていった。

見事な飛び込み!

あせったが、「大丈夫、U字溝にひっかかっているんじゃないかな。。。」

と思って流しの下を見て、冷や汗が出た。

ほとんどストレートなのだ。

Ca380291 Ca380292

どうしよう。

ここは、マンションの3階。どこかでひっかかって、つまりの原因になったら・・・。

・・・・気を取り直して、配管業者に電話をかけて来てもらった。

職人のおじいさんが照明をつけて排水管の中をのぞいたが、すでにそのような浅いところにはないようだ。次に長い柄付きのマジックハンドのようなものを、中に入れて探っていたが、掴んでくるのは溶けかかったゴミだけだった。

排水管をはずして、調べないとわからないようだ。

蛇腹タイプの管だったら、着脱が可能なのに、うちのタイプは、管を切ってまたつながなければならないという。

ただ、このマンションの配管を請け負った会社であるはずなのに、肝心の工事をした担当者が、新潟市に転勤になっていて、配管の具合が図面を見ないとはっきりとはわからないらしい。

運悪く、この日は、管理人のいない日だったので、管理人室にある配管図は見ることができない。

「切ってみる」というおじいさんに、よくわかってないのに、切られては、困ると思って、管理人さんがいる日で、私も立ち会える日にまた、来てもらうことにしてその日は帰ってもらった。

この日から、4日間は、鬱々とした日々を過ごした。

少しでもつまりの原因がでないように、細心の注意をはらって洗い物をし、パイプクリーナーも頻繁に使って、予防に努めた日々だった。

「奥さん、この歯ブラシですか?」

ギコギコ排水管を切って調べていた職人さんの声に、首実検に赴いた私。

職人さんの手には、毛先にゴミを少しまとわりつかせた白い歯ブラシが・・・。こいつだ。

「そうです!。」

ホッと胸をなでおろしたのであった。

その代価が、9450円なり。請求書が届いた。

高いお掃除代になってしまった。

|

« JMF 8th | トップページ | プモ・リ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯ブラシ1本9450円也:

« JMF 8th | トップページ | プモ・リ »