« 霜月 | トップページ | 軽くやばい・・・ »

2009年11月 2日 (月)

THIS IS IT

Mj_in_this_is_it

本当なら、マイケル・ジャクソンの集大成になったでしょう幻のロンドン公演”THIS IS IT”

映画”THIS IS IT”は、そのコンサートのためのリハーサルを記録したものです。

リハーサル映像なのに、映画館で、コンサート会場にいるような臨場感を感じることができました。
思わず拍手しそうになったくらいです。

また、この映画は、マイケルの素顔を知ることのできる貴重な記録映画でした。

マドンナに、「私達は彼を見捨てたのだ」と言わしめたように、近年は彼の功績よりも、整形の失敗、奇行、裁判沙汰等の報道の方がクローズアップされてしまって、私も含め、少なからずの人たちが、彼に対して偏見を持ってしまった感は否めません。

しかし、MJは、
本当に
音楽を愛し、
音楽に関しては決して妥協しない完璧主義者
だけれど、
謙虚でスタッフの言葉にも耳を傾け、
人を愛し、地球を愛し、
スタッフとは、家族だといい切り、
コンサートのためには、命を削るくらい真剣に集中して、
良いものを創り上げていこうとする、
ステージで協演するメンバーのカリスマ的リーダーで、
メンバーの能力を最大限引き出す魅力的な人
でした。

MJによって輝いた女性ギタリストの格好良かったこと!

彼は、歌にもダンスにも努力を惜しまない天才でした。

そして、ファンを楽しませるエンターテーナーであり、
人種問題、地球環境問題などに対する
メッセージを伝える伝道師でもありました。

とにかく、やっぱり凄い人でした。Micael_in_billie_jean_2

同じステージに上がるダンサー、ミュージシャン達は本当に誇らしげで、MJへのリスペクトに満ち溢れていました。

私達は、偉大な人を失ってしまったのだと思わずにはいられません。

メンバー、スタッフ達の、MJとともにコンサートにかける情熱に比例して、彼を失った喪失感の大きさがいかばかりだったかを考えると、万感胸に迫るものがありました。

思わず、左目の涙腺が弛み、なかなか閉まらなくなってしまいました。

映画のエンディングで、一部の人たちから拍手が起こりましたが、深く静かな感動に浸っていた私は、心の中で拍手したのでした。

マイケルのファンの人もそうでない人も、映画館に足を運んで損はないとお勧めできる「記録」映画です。 

11月13日まで期間限定上映中
New!  全国324上映館の約7割、27日まで上映延長決定

-写真は”THIS IS IT”のHPより引用-

|

« 霜月 | トップページ | 軽くやばい・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、

マイケルジャクソンですか、、実は内のカミサン、バンコク公演見に行ってるんですよ。僕もチケット持っていたのですが、確か仕事でパーになってしまったような、、(泣)
ただこのバンコク公演は裏話があって、野外のライブだったんですけど、当時あまりにバンコクの空気が汚れていて、マイケルは呼吸できなくなり、何日かの公演をキャンセルしたんですよ。
 最後は、酸素吸入しながらやったんだったかも?

 女性ギタリストはオリアンティって言うんでしたっけ? でも、その前にもジェニファーバトンという、凄腕女性ギタリストも一緒にツアーやってたんですよ。この女性ギタリストは、我らの?幼馴染、大浦の小X田君の大好きだった、世界3大ギタリストのジェフベックという人ともツアー組んでました。
(このジェフはエリッククラプトンと一緒に称される人でして、実は僕も大好き、、)マイケルはバックミュージシャンにもこだわっていましたね。

 マイケルの歌は子供たちにも人気があって、いつだったかバンコクのシーワールドに行った時、インター校の遠足にアシカショーの会場で一緒になったのです。ショーの前のBGMに彼の曲がかかったのですが、そしたら生徒が一斉に歌いだしたんですよ。おまけに娘までつられて口ずさむ始末で、、
あの時はなんだか感動しました。

 僕も今ipodに彼の歌いれて聴いていますが、スリラー聞いてもちっとも古く感じない、、

 本当に残念ですね。その映画、こちらで見れるかなぁ?


 

投稿: 大浦~松島 | 2009年11月 2日 (月) 20時58分

大浦~松島さん

奥様は、マイケルのファンだったんですか?一緒にコンサートに行けなかったのは残念でしたね。

それにしても、さすが、ギタリストにはくわしいですね。

記事には、書きそびれましたが、マイケルの歌は、本当にいいです。素晴らしい歌唱力、メロディー。

歌詞もメッセージ性があって・・・。

もうシンガポールにお帰りになってるんですね。
大都市だから、上映していると思いますけど・・・。
映画で、歌とダンス、楽しめます。

投稿: まりママ | 2009年11月 3日 (火) 03時37分

まりママさん
 今週末はバンコクに帰っていますが、今日カミさんとThis is itを見て来ました。まりママさんの言う通り!見て良かった!
 見ていて気になった事3つ、、、
 一つはマイケルの2着のジャケットの右腕に黒い太いストライプが入っていました、まるで喪章のように、、、マイケルの運命を暗示してるように感じたのは、私だけでしょうか、、
 アジア系の女性シンガーとデュエットのシーン、マイケルの手が彼女の乳房に触れたようなシーンで、彼がいかにも「困った!」というような仕草をしてたみたいで、、すごく微笑ましかった、
 最後に女性ギタリストのオリアンティ、凄かった! ビートイットのギターソロは、CDアルバムとそっくり! CDアルバムのギタリストも当時凄腕のバンへイレンと言う人だったのですが、、それにすごくキュートで、マイケルとのマッチングも良かったですね。
 それにしても、どうしてこんなドキュメンタリーのような映像を撮っておいたのでしょう? 全てにおいて暗示していたみたいで、、、 改めて彼が消えてしまった事残念でなりません。
 (明日は息子と一緒にもう一度見る事になりました!)

投稿: 大浦〜松島 | 2009年11月 8日 (日) 01時33分

まりママさん、こんばんは。

ここのところウチでMJのビデオだのCDだのをかけていた家内が、今日「THIS IS IT」を見てきましたが(私は学会に行っていた)、めずらしく興奮して「すごくよかったわ~」と話していました。
なんでもMJとはタメだそうで… それを聞いて、プチ整形くらいさせてもいいかと思わず顔を見てしまいました

私も休日に行ってこようかと思っています。人が集まるところではインフルエンザが心配ですが、当地の映画館はそんなに混んでいないので大丈夫でしょう 学級閉鎖になって暇な子がこっそりと行くような映画じゃないしね。

投稿: しりあげむし | 2009年11月 8日 (日) 22時43分

大浦~松島さん

見てきましたか。良かったでしょう!

ご指摘のもジャケットの喪章?、私もちょっと気になっていました。
デュエットのエピソードは気づきませんでしたが、二人の掛け合いが色っぽくって、聴き惚れてました。
女性ギタリスト、オリアンティさんは、やっぱり凄いですよね。

マイケル亡き今、本当にこのドキュメンタリー映画が存在して良かったと思ったのでした。それとともに喪失感も味わったのでした。

私ももう一度見たいと思います。


しりあげむしさん

私もマイケルとタメなのですよ。マイケルは、おとめ座で、私はてんびん座ですが・・・。

平日の昼間なら、大丈夫ではないでしょうか。
是非、見に行ってください!


 

投稿: まりママ | 2009年11月 9日 (月) 13時26分

まりママさんは「とうねんとって41歳=申年」だったのでは…

投稿: これがそれだ | 2009年11月10日 (火) 21時40分

これがそれださん

ええ。
その通り

「お年は?」と聞かれた時は!

投稿: まりママ | 2009年11月10日 (火) 22時46分

まりママさん、こんばんは。

「This Is It」見てきました。

オーディションに受かったダンサーの言葉を訳すと、「これがそれだ」ではなくて「それがこれだ」だったのですね。確かに日本語とすれば、後者のほうが力があります。

リハーサルの映像ですから、MJは本気で踊ってはいなかったのでしょうが、バック・ダンサーは毎回が本番。迫力がありました。…私も少し体きたえようっと。腹筋割れるようにね

ギターのオリアンティ・パナガリス凄げえし、ドラムもキーボードも無茶苦茶!生で聞いたら失禁するかもしれません。

投稿: しりあげむし | 2009年11月11日 (水) 23時55分

しりあげむしさん

しりあげむしさんもご覧になりましたか!

”それがこれだ!” そうか、倒置法で訳すのか、その方がしっくりくると私も字幕を見て思ったのでした。

この映画の感動するところは、MJだけでなく、バックミュージシャンや、バックダンサーにもカメラを向けているところですね。

MJのために、最大限努力するバック。そのバックを信頼し、もっとその力を引き出し、最高の舞台を創り上げようとするMJ。

本当に生のコンサート見たかったです。

投稿: まりママ | 2009年11月13日 (金) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THIS IS IT:

« 霜月 | トップページ | 軽くやばい・・・ »