« プチ掃除 | トップページ | 寅年始動 »

2009年12月31日 (木)

世界天文年2009 最終日

2009年は、ガリレオ=ガリレイが、自作の望遠鏡で天体観測を始め、初めて月表面に凹凸があることを明らかにしてから400年。世界天文年として、いろいろなイベント、キャンペーンが開催されていました。

そのなかで「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」は、月や星を、肉眼でも望遠鏡でも見たら、Webで報告するもので、締め切りが2010年1月10日です。

「めざせ・・・」をクリックすると、サイトにとびますので、是非ふるって報告して下さい。2009年中に見たものなら、さかのぼって報告OKとのことです。

報告すると、証明書をダウンロードできます

また、2010年は、金星観測から400年ということで、金星に探査機「あかつき」が打ち上げられますが、「あかつき」に対するメッセージも1月10日までインターネットで受け付けています。こちらも、応募してみて下さい。

あなたのメッセージが、アルミプレートに印字されて「あかつき」に取り付けられ、金星周回軌道に投入されるそうです。

私は、エッセイ募集の時に、締め切り30分前から書き出して、凄い不出来だと思いますが、なんとか、結びの言葉まで書いて、送信。と、同時に締め切りの時間  もっと、書きたいことはあったけれど、仕方ありません。読み返していたら、できの悪さに、送信できなかったと思いますが、送ってしまえば、気にしないことにしましょう。

私の恥ずかしいエッセイも金星に行くんです。

さて、天文年ということで、2009年は宇宙に関する本を多少読みました。

Ca380233 Ca380234 Ca380235

Ca380236 Ca380237

私には、物理学的な頭脳はないので、なかなか理解に難しいところもありましたが、知らないことを知るのは、楽しいことでもあります。

無限だと思っていた宇宙の年齢が137億年ということが明らかになったのは、WMAP(宇宙背景放射観測衛星)の成果ですが、望遠鏡の精度も高くなり、今は、128億年ものかなたの星の光をとらえることが可能になりました。

その望遠鏡、ハワイのマウナケア山頂のすばる望遠鏡ですが、2009年は、すばる望遠鏡のファーストライトから、ちょうど10年でした。

すばる望遠鏡についての本があります。

Photo Photo_2

 

51cc90jgbjl__sl160_aa160__3  

他国の領土に大規模望遠鏡を建設するというプロジェクトは、直径8m超の1枚鏡を作るという技術的な苦労はもちろんのこと、政治的、予算的にも、困難だったので、着想から、ファーストライトにこぎつけるまで、20年かかっています。

国立天文台の小平桂氏の、情熱と意志がなければできなかったでしょう。
(今だったら、民主党の”仕分け”にひっかかっていたかも・・・。)

すばる望遠鏡の規模とか性能を読むと、わくわくするし、「夢」の実現に尽力する話なので、特に若い人には読んでほしいと思われる本です。

現在は、数カ国で協力して、直径30mの主鏡を持つ巨大望遠鏡を作る計画があります。

科学に国境はありません。是非このプロジェクトを成功させて、宇宙の謎をまたあきらかにさせてもらいたいと、世界天文年2009最後の日に思ったのでした。

|

« プチ掃除 | トップページ | 寅年始動 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、

早くも、明けましておめでとうございます。そうですか、白いお正月ですか、、、、うらやましい!

お国の仕分け作業、、、佐倉の友達の千葉の天文台プロジェクトに影響がでなければいいのですが、、、少々心配。

私は今からちょっと寝て、朝は家族より早く起きてお雑煮を作ります(我が家の恒例)。
その後は、エメラルド寺院の方へ初詣に行ってみようかと、カミさんと話していました。(彼女はただ今夢の中) 
子供たちから、クリスマスプレゼントとお年玉を要求される事は避けられないのですが(クリスマスは帰れなかった)、今年はただあげるのはくやしいので?、ゴルフの練習場に行って、何ヤード打つか申告させて、上手くいったら満額、後は減点方式でも考えようかな、、
今年もよろしくお願いします。

(紅白は ドリカムの迫力が気に入りました。ウチに遊びに来ていた息子の友達は、「女性がドラム叩いてる!」とビックリしてました。でも私のi-tuneにはなかった曲で、、新曲なのでしょうかね?)

投稿: 大浦〜松島 | 2010年1月 1日 (金) 05時33分

まりママさん、あけましておめでとうございます。

1968年12月、アポロ8号が月へ向かう途中で振り返って撮った、真っ暗な宇宙空間にポッカリ浮かぶ青い地球の写真は、20世紀で最も貴重な写真の1枚です。人類はこの写真を見て初めて地球を一つの天体として理解できるようになりました。アポロ計画の最大の成果は月着陸よりも、この写真ではないかと私は思っています。
私の大好きなスター・トレックは必ず次の文句から始まります。「Space…The Final Frontier…」もし当時のアメリカに「事業仕分け」があったらば、アポロ計画なんかは実現しなかったでしょう。不景気の中、毎日の糧も大事ですが、空を見上げて遥かかなたに思いをはせることは、人間の根源に関わる大切なことと、寒風の大晦日に満月を眺めながら思いました。

ところで、「すばる」も「ハッブル」も「かぐや」も、写される「画像」は大変きれいで「感激」はするのですが、デジタル情報を画像処理してあるので、どうもCGっぽくて嘘っこく見えませんか。「アポロ8号」の時のような「感動」が無いように思えます。

なんだかまとまらないコメントになってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

投稿: しりあげむし | 2010年1月 1日 (金) 23時08分

大浦~松島さん

明けましておめでとうございます。

もう、初詣でには行かれたのでしょうね。

今年は、娘の塾の冬期講習、正月特訓とやらで、昨日今日と、お弁当持ちで、朝から夕方まで缶詰めになっているので、初詣でには行ってません。
明日、行こうかと思っています。

お正月休みを、ご家族で楽しんでください。
今年もよろしくお願いします


しりあげむしさん

あけましておめでとうございます。

私とほぼ年代の変わらないと思われるしりあげむしさんが、1968年当時に、すでに、アポロ8号の撮影した地球に感動していたとは、さすがです。私など、そこまでよくわかってなかったから・・・。かぐやの撮った地球にも感動できました

ホワイト大晦日・元旦のこちらは、せっかくの満月も、月食も見られず、残念です。
鴨川が懐かしく思えるときですね。

それでは、今年もよろしくお願いします(*^-^)。


投稿: まりママ | 2010年1月 2日 (土) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界天文年2009 最終日:

« プチ掃除 | トップページ | 寅年始動 »