« 松の内と七草粥 | トップページ | 高校入試 »

2010年1月12日 (火)

献杯

開店30周年になるはずだった今年、惣菜膳『たぬき』が、のれんをおろした。

創作料理で、季節折々の味を楽しませてくれた、ほかにはないお店。

私達夫婦は、20年余お付き合いしてきた。

娘が、大人と同じものを食べられるようになってからは、娘も連れて行って、かわいがってもらっていた。

娘と、お気に入りのお料理を思いつくままにあげてみた。

出し巻き卵(厚厚、ふわふわで、大根おろしといただくと絶品だった。特に娘のお気に入りで、必ず注文した。3人で分けて食べるとちょうどいい分量に作ってくれていた。)

りんごのグラタン(くりぬいたリンゴの中にホタテなど入った海鮮グラタン。容器のりんごまで食べられる。はじめは、りんご?と思ったが意外にいける。りんご好きな娘のお気に入り。)

アスパラガス(または、うど)の豚肉巻き(アスパラガスやウドに豚肉の薄切りを巻き、フライにして揚げたもの。ソースとマスタードで食べる。太いアスパラが甘かった。これは、春先から、初夏にかけてのお気に入り。特に夫。)

牛ステーキ(厚さ4~5cmの牛赤身肉の塊に塩黒コショウをまぶし、網焼きしたもの。にんにく醤油、マスタード、大根おろしのうち、好みのたれでいただく。私たちはいつも大根おろしだった。付け合わせにセロリを焼いたもの。)

たけのこご飯(山たけのこの時期になると、炊き込みご飯にしてくれた。大好きだったので、いつもお土産にもらってきていた。私のお気に入り。孟宗竹のご飯もおいしかったが。)

たけのこのホイル焼き(山たけのこの白味噌焼き)

焼きおにぎり(締めは焼きおにぎりのことが多かった。お醤油か味噌か。)と お漬物(大根、ニンジン、きゅうり、沢庵、梅干しなど自家製のお漬物が一鉢。夏は、水ナスを冷水に浮かべたもの。青唐辛子を薬味にしていただくとおいしい。)

大根と牛すじ肉を炊いたもの(大根に良く味が染み、牛すじがトロっととろけ、ピリッと唐辛子が効いていて美味だった。)

しらたきのおでん(手巻きのしらたきの中に豚バラ肉を隠し入れてある。)

茶碗蒸し(冬は、下にお豆腐が敷いてあって、葛餡がかかっている。おろししょうがで体があったまる。夏は、冷やして、じゅんさいが浮いていた。中にウニが入っていたかも)

かぶら蒸し(中には、脂ののった白身魚、ユリ根、銀杏など。上には緑の豆のようなわさびが乗っていた。)

ツブ貝のガーリック焼き(エスカルゴと、サザエの壺焼きが合体したかのようなもの。貝殻を、もらったことがあったが、とても大きなツブ貝だった)

クジラ汁(初めてクジラ汁なるものを食べた。クジラの脂身と、ナス、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなどの野菜がたっぷり入ってみそ仕立て。青唐辛子を入れて食べるといい汗をかき、夏バテも吹っ飛ぶ。)

おこぜのから揚げ(食べやすいように切り分けてくれるのでバリバリ食べられる。)

三つ葉サラダ(三つ葉と焼き椎茸、鶏ささ身が入り。ヘルシーで、焼き椎茸がいいアクセント)

魚介サラダ(たっぷり魚介の入った豪華なサラダ)

チーズフォンデュ(カマンベールチーズを丸ごと溶かし温野菜、ウインナを絡めて食べる。最後に、容器となったチーズも食べられる。)

牛肉の煮込み(赤ワインでとろとろになるまで煮込んである)

オニオングラタン(良く炒めた玉ねぎが何とも言えない)

冷やし中華(松の実が入っているのが特徴的)

そば(たぬきそばが多かった)

ラーメンも作ってくれたことがあった。

菊花巻き(紫と黄色の菊の花と、春菊の緑色が鮮やか。酢締めにした魚とともに、海苔でまいてある。酢の物。京都の千鳥酢を使っているのでまろやか。酢の物が苦手だった夫も、ここでは食べられるので、千鳥酢のことを聞いてからは、ずっと購入している。)

鶏レバーとゴボウの炊いたもの(突き出しで出されたものだが、レバーが美味しく食べられた。)

自家製イカの塩辛(ゆずが散らしてあって香りが良かった)

クリームコロッケ、牡蛎の中華蒸し、湯葉巻きあげ、等々・・・etc

まだまだ、たくさんある。

○ちゃん、みんな美味しかったよ。

今までありがとう。

一度は仕事ができるくらいに良くなったと思って、少しだけど安心していたから、こんなに早くお別れが来るとは思いませんでした。本当に残念です。

もう一度行っておけばよかった。

お見舞いにも行かず、不義理でごめんなさい。

抗がん剤の副作用に耐え、衰弱したからだに鞭打って、予約6人前のおまかせを一人で創り上げて力尽きたことを聞きました。
年末に入院してから、わずか11日目の旅立ちでした。最後まで、プロの料理人として戦っていたんですね。

無二の「戦友」け○ちゃんも、一緒に戦っていたんだと思います。

だから、私は、残された、け○ちゃんが心配なんだ。

お二人は、お互いあっての一人一人だったから。

「今は、両手足をもがれて暗闇に放り出されたようで、不安でたまらない」と言ってました。

○ちゃん。 け○ちゃんのこと、空の上から、ずっと励まして、そして見守っていて下さい。

玄関ののれんをくぐると、まず、焚きしめられたお香に出迎えられ、磨き上げられた階段を上ってドアを開けると、古流の師範の腕で活けられたお花と、「いらっしゃい」の声に迎えられる。
ジャズのBGMも心地よく、サーブするけ○ちゃんと、お料理するし○ちゃん二人との会話を楽しむ。お客さんが多い時には仕事の邪魔にならないよう、あまり話しかけないようにしながら。

出来上がった料理を盛り付け、供する間合いは、阿吽の呼吸があり、余人が一朝一夕にはできるものではない。

二人は、お客さんそれぞれに気を配る。お客は皆、居心地がいい。
時には、お店で何回か顔を合わせた常連さん同士で話がはずむこともある。

なによりも、繊細で美味しい料理。それに器もセンスが良い。

かけがえのないお店だった。

告別式の日は、皆の涙が集まって、みぞれとなった。

|

« 松の内と七草粥 | トップページ | 高校入試 »

生と死と」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 献杯:

« 松の内と七草粥 | トップページ | 高校入試 »