« バンクーバーオリンピックその4 | トップページ | ひな祭りの行事食 »

2010年3月 1日 (月)

バンクーバーオリンピックその5

やっぱり、冬季オリンピックの華

女子フィギュアスケート!

97081894_32imgfleadlt

史上稀にみるハイレベルな戦いでした。

金メダルのキム・ヨナ選手は、完璧な演技で世界最高得点を大幅に更新し、

銀メダルの浅田真央選手は、女子フィギュアスケート史上初、オリンピックで、トリプルアクセルを成功させ、フリーでは2回も成功させるという偉業を達成し、

銅メダルのジョアニー・ロシェット選手は、お母さんの急死という大きな悲しみを気丈に乗り越えて、総合200点を超える高得点を獲得し、

4位の長洲未来選手は、次世代のヒロインを予感させるような滑りをみせ、

5位の安藤美姫選手も、トリノの屈辱を晴らすような安定した滑りをしたし、

8位の鈴木明子手も、自分の目標とする演技ができて満足。。。

と、それぞれの選手が観る者に感動を与え、魅了してくれました。

  97081695_28imgteaserbx_2

2010022600000208jij_vanpspoview00_2

2010022600000092jij_vanpspoview00_2

2010022600000082jij_vanpspoview00_3

ただ・・・

「採点」の不透明さ、不公平感は、ずっと胸にくすぶったまま、審判への不満として残ることになりました。

プルシェンコ選手が、「難易度の高い技をした選手への評価が不当に低い。今のままの採点基準だと、新しく難しい技に挑戦する選手が減り、フィギュアスケート界の進歩が妨げられる」という趣旨の声明を出していましたが、本当にその通りだと思いました。

GOE(Grade of Excution):評価点というのがあまりにも前面に押し出されてはいないでしょうか。

そもそも、「出来栄え」というものを正確に客観的に点数化できるのか、
そこに、「主観」が入らないといいきれるのか、
演技をしている選手の直近の過去の成績だとか、観客の盛り上がりとかに、影響されることが全くないといいきれるのか、
とても疑問です。

キム・ヨナ選手が、ものすごいプレッシャーをものともせず、ノーミスのしなやかな素晴らしい演技を見せてくれたことは、確かに、手放しで称賛するに値することだと思いますが、SPで、トリプルアクセルを初めて成功させ、同じくノーミスの演技だった浅田選手との点差が、つきすぎていると思いましたし、フリーでの、150点超えの点数には、唖然としてしまいました。

ジョアニー・ロシェット選手に対する高得点も、そうかなと思うところあり、母親の死に対する同情票がなかったと断言できるだろうかなどと穿った見方をしてしまいます。

結局、審判と、必然的に観客を味方につけた、キム・ヨナ選手の圧倒的勝利。GOE対策をぬかりなく行ったコーチ陣の作戦勝ちなんでしょうね。

浅田選手は、孤高の闘いを挑みました。

誰も成し遂げなかったことへの果敢なる挑戦です。

とても使命感にもえていたためか、選曲の重厚さもあいまって、「真央ちゃん」の天真爛漫な笑顔は、フリーの演技では一度も見られませんでした。オリンピック公式HPの写真でも、ほとんどすべてが、歯を食いしばって頑張っている姿でした。

観客や、TVの前の私たちは、固唾をのんで見守るばかりでした。

緊張で疲労して、普段では考えられないミスもしてしまったので、銀メダルは妥当かと思うのですが、史上初の偉業を達成した選手への評価は、もう少し高くてもいいのではないかと思えてなりませんでした。

今後、願わくは、楽しそうにくるくる回転していた「真央ちゃん」にもどって、輝く笑顔でトリプルアクセルを決めてほしい!。

ともあれ、同年同月生まれの二人の天才少女は、これから当分は破られないだろう(・・記録は破られるためにあるが)最高得点と、永久にその名を残す、史上初トリプルアクセルの成功という金字塔を打ち立てたのでした。すごいことです。

採点基準も、難易度の高い技に対する中間点を考慮などの見直しがなされるようですが、選手の努力が損なわれることのない改善を望みます。

まだまだ、これからも、フィギュアスケートから目が離せませんね。

さて、余談ですが、フリーの当日、朝の公式練習の映像がTVで流れた時、私は「えっ?」と目を疑いました。

というのは、浅田選手のコスチュームは、グランプリファイナル2009フランス大会でキム・ヨナ選手に惨敗した時と同じ赤と黒。キム・ヨナ選手のそれは、優勝した時と同じブルー。そしてオリンピックのフリーに縁起がいいとされる(?)ブルーだったので、なんとなく、順位が暗示されているように思えてならなかったのです。

「真央ちゃんは『ゲン』をかつがないのかしら」と思ったのですが、いやいや、コスチュームはそんなにころころ替えられない、演技のプログラムとセットされているものなんだろうなと再び思いなおしたり・・・。

でも結局、順位は、フランス大会と同じだったわけで・・・

また、余計なことながら、真央ちゃんのかみ合わせが気になりました。

どこか交差咬合あるいは交差咬合気味のところがあって、しっかり咬み合ってないのではないかと・・・。少し上顎が劣成長で、下顎が前に出ている感じがするので。発音にも多少影響しているし。

一度専門医を受診してみたらどうでしょうか。

しっかり咬めると、パフォーマンスがさらに向上するかもしれません。

そうそう、忘れてはいけません
スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)

2010022800000037jij_vanpspoview00_2 

私は、今回この種目があることを初めて知りました。フィギュアスケートの陰であまり報道されてませんでしたが、快挙です。

ドイツチームと本当に僅差(わずか0.02秒差)で銀メダルを取りました!

おめでとう!!

金メダルまで、ほんのスケートの刃にも満たないくらいのところでした。本当に、惜しかったです!。でもトリノでは4位に終わって、残念ながらメダルが取れなかったので、その雪辱は果たせたといえるでしょう。

滑れなかったけれど、同じチームとして、先輩たちから銀メダルを3個かけてもらった美帆ちゃん、4年後が楽しみです。

2010022800000038jij_vanpspoview000

            左から、田畑真紀、小平奈緒、高木美帆、穂積雅子選手

|

« バンクーバーオリンピックその4 | トップページ | ひな祭りの行事食 »

スポーツ」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

専門家ならではの視点、興味深く拝読しました。
スポーツ選手の噛み合わせは、とても大切な事だと素人ながら感じています。
これからスポーツを観戦する際の、新たな視点を与えていただきました。ありがとうございます。

投稿: kaoruo | 2010年3月 1日 (月) 09時53分

少し前から、浅田選手の口元に違和感を感じていました。それで、今回じっくり見てみて、「咬みあわせの問題かも」と思ったのでした。

マウスガードもそうですが、歯科医として、スポーツ選手のパフォーマンス向上に役立つことができるようになれればと思っています。

投稿: まりママ | 2010年3月 1日 (月) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーオリンピックその5:

« バンクーバーオリンピックその4 | トップページ | ひな祭りの行事食 »