« 安・近・短 | トップページ | 願い事がかなう? »

2010年5月 7日 (金)

続・安・近・短

ゴールデンウィーク中、さして計画がなくても、渋滞にも巻き込まれず、ちょっとしたお出かけスポット(安近短と表現)に出かけられるというのは恵まれていると、前回の記事を書いていて思った。

さて、5日は、妙高高原へ。
自然学校ねぎぼうずのOさんと2~3日前という直前にお約束をして、お礼かたがた遊びに伺ったのだった。

お話の後で、リブランの森の整備とか出かけるようなら、お手伝いしてもいいしと、お弁当・飲み物に軍手も持参した。

もしそうでなければ、車を置かせてもらって、歩いて、いもり池まで行ってみようと思っていた。

天気はすこぶる良い。

9年乗っているベンツのAクラスは、ミッションの具合が悪く、修理の見積もりをしてもらっているところ。代車は、オペルのアストラ。はじめて運転するのでどうかと思ったが、この車のエンジンは快調で、いいドライブができた。

山は新緑(今年は少し遅いようだが)。ところどころ、ほんのり淡いピンクの山桜が今が盛りで彩りを添えていた。

事務所に着くと、早速、看板娘犬、コーギーのラムちゃんがお迎えに。(コーギーは、脚が短いし、尻尾はほとんどないし、本当にかわいい♪)

Oさんとは、久しぶりにお会いするのだが、ブログやツイッターで、お互いに近況を知っているため、何年ぶりという気がしなかった。

おいしいコーヒーをい入れていただいて、いろいろな話題に話が弾んだ。

あっという間にお昼。

午後からどうしようかと思ったが、リブランの森はまだ雪が残っていて、整備はもう少し先になるとのことだった。

実は私は、春先のリブランの森で見たいものがあった。

一面「紫の絨毯」になるもの。

私は勘違いしていて、それは「かたくり」だと思って、聞いてみたが、「かたくり」は、新井までで、リブランにはないとのことだった。

あとから気がついた。「すみれ」だった。

いずれにしても、今年は雪が消えるのが遅く、山菜採りも例年より3週間近く遅れているとのことで、今は、ふきのとうが雪の下から顔を出しているとのことであった。

歩いて行こうと思っていたいもり池だったが、気温上昇、夏のように暑く、少し躊躇していたところ、Oさんが、車で送ってくださるとのこと。一も二もなく、お言葉に甘えてしまった。「いもり池」は、水芭蕉の群生地で有名。今までにゴールデンウィーク中に何度か来たことがあるけれど、今年は、一番見頃の時に来たように思った。

Dsc00699

Dsc00698_convert_20100506002231

遊歩道を歩いていると、ウグイスの声がした。

今日こそ、姿を見てやろうと、声のする方に歩いていく。

首が痛くなるくらい、上を向いて歩いた。Dsc00700

あっ、いた!

梢の複雑に絡まっているあたりに動くものが・・・。

小さくて、地味な鳥だった!

初めて、鳴いているところを見た。
(写真に撮ってみたが、ちょっとわかりづらい)

他のウグイスと、かけあうように、呼応して鳴いていたのを、しばし聞き惚れていたのだった。

さて、帰り道、リブランの森遊歩道に足を踏み入れる。

ほんの少し森に入っただけなのに、そこは別世界。雪が一面にまだ残っているところがある。

Dsc00704_convert_20100506002555

雪が融けて、陽の光がさしているところに、なるほど、ふきのとうが顔を出していた。

乾いているところのふきのとうは、もう花が咲いて、りっぱになっているものもあった。

群生しているところもあり、おもしろいように摘めた。

戦利品はこちら。Dsc00705_2

小川は、雪解け水を流し、息づいていた。

そのまわりには、最初「ぜんまいだ!」と思って採っていた謎の植物がたくさん生えていた。

Dsc00706 でも、少し採ったところで、なんとなく、不気味なものを感じて、採るのをやめた。

考えてみたら、素人の私に採れるようなところに、ぜんまいなどあるわけないだろう。

本当のぜんまいは、もっと茎がすべすべしていてきれいなのだ。

この違いは一目瞭然!Ca380423

(では、この毛むくじゃらなやつは、なんという名前の山菜なのだろうか。どなたかご存じだったら教えていただきたい。)

うちへ帰ってから、ふきのとうは、ふきみそにしてみた。

Ca380422

峻烈な苦さとともに、春の命をいただくとしよう。

最近、友達の都合でウォーキングをしていなかったせいか、重いトレッキングシューズで歩いたせいか、軽い筋肉痛があるけれど、充実した一日だった。

|

« 安・近・短 | トップページ | 願い事がかなう? »

旅行・地域」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「こごみ」ではないかな?
私はアウトドア志向ではないので、違っていたらごめんなさい。
野草・山菜は下ごしらえが面倒ですね。毒のあるものでなければいいのですが…

投稿: オカマと来た湯屋 | 2010年5月 7日 (金) 21時26分

オカマと来た湯屋さん

コメントありがとうございます。

こごみは、クルクル巻いた部分がもっとしっかり固く丸まっていて、茎には毛がありません。また、断面は凹型になっているので、この毛むくじゃらのシダ植物とは違うようです。

残念ながら、捨てました。

山菜は確かに下ごしらえが大変ですね。

投稿: まりママ | 2010年5月 7日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・安・近・短:

« 安・近・短 | トップページ | 願い事がかなう? »