« BLUEWING MOJI | トップページ | イチロー10年連続200本安打達成! »

2010年9月21日 (火)

門司港にて

明治時代、横浜・神戸と並ぶ「日本三大貿易港」として発展した門司港。

多くの銀行(日本銀行 ・ 横浜正金銀行=現在の山口銀行 ・ 日本商業銀行 ・ 住友銀行 ・ 三井銀行など)の支店が建ち並び、金融の中心地として栄えた町だったといいます。

昭和の高度成長時代になって、五市が合併して北九州市が誕生すると、その座を小倉に譲ることになりましたが、今でも、この門司港には、明治・大正の良き時代をしのばせるレトロモダンな建物が数多く残されています。

かつての国際港湾都市は、「門司港レトロ・海峡めぐり」として観光に特化、文化遺産的建物を、移築、保存して、配置しました。
主たる施設では、同じユニフォームを着たスタッフが、働いています。地元の雇用にも貢献しているのだろうと思いました。

歩いて回れる、遠出してもレンタサイクルがあれば事足りる立地条件は観光客にとって、ありがたいです。

まず、出迎えてくれるのは、国の重要文化財に指定された、九州最古の駅である門司港駅。(大正3年・1914年開業)

Ca380478_3

噴水はお休み中なのでしょうか?本来は、駅前広場に見えるはずなのですが・・・。

このように↓

Ca380505_2

プラットホームも、ノスタルジックでした。

Ca380500_3

宿泊は門司港ホテル

Ca380484_4 Ca380485

丸窓のところが、スウィートルームだそうです。

このホテルのすぐ向かいにあるのが、旧大阪商船(大正5年・1917年建築)で、八角形の塔屋が印象的な洋館です。
「港の美貌」と呼ばれ、1階は大陸航路の旅客待合室として賑わったそうです。

現在、2階には、「わたせせいぞうと海のギャラリー」があります。

Ca380504

原画が間近で見られて、良かったです。

旧大阪商船の隣には、旧門司三井倶楽部(大正10年・1921年建築・重要文化財)が。 (写真は「あしこし九州」より)

Photo

アインシュタイン博士が、1922年に講演で来日した時にご夫妻で宿泊していた2階を見学しました。当時の人々の歓待ぶりは大変なものだったようで、博士も日本での生活を楽しんでいたようです。

『放浪記』の林芙美子の資料室やギャラリーも併設してます。

Ca380490

門司港ホテル脇のプロムナードからブルーウィングもじを渡っているところです。

対岸には旧門司税関(明治・45年1912年完成)が、どっしりと構えていて、かつては国際港としての繁栄を見守り、安全を監視していたことを思い出させてくれます。

その後ろには、国際友好記念図書館(明治35年・1902年ロシアが中国大連に建設。1995年、北九州市と大連との友好都市締結15周年を記念して、復元)が見えます。

Ca380483_2 門司港レトロ展望室(黒川紀章氏設計)。

この建物だけ近代的で、少し違和感がありますが、31階・地上103mからの夜景はきれいでした。

Photo 関門海峡ミュージアム

中心部から結構歩きます。途中左手に、第7管区海上保安本部があります。

このミュージアムは、時間をかけていろいろ体験するとおもしろいと思いました。残念ながら、上っ面だけの観光しかできませんでしたが・・・。ちょっとした歴史もひも解けた、いい機会になりました。

関門海峡は、神話の時代には、つながっていたいう説を初めて知りました。

他には、壇ノ浦の戦いで平家が滅び、幼い安徳天皇を抱いて二位の尼が入水したのが、関門橋の下関側のたもとあたりだったとか、

宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島は連絡船で10分くらいのところにあるとか、

攘夷を掲げる長州が、海峡を通る英仏蘭米の戦艦に大砲を打ったのもこのエリア内で、昔は下関のことを馬関と呼んでいたので、馬関戦争というとか・・・。

高杉晋作率いる奇兵隊が、この海峡で幕府軍と戦い勝利したとか。亀山社中だったころの坂本龍馬達もこの地で活躍したのだなぁとか・・・。

また、船が好きな人は、海峡を行き来する船もゆったり見られるし、おすすめです。

Ca380487 関門橋(1973年に完成。当時は東洋一長いつり橋だったとのこと)。橋長1068m、海面からの高さ約61m、2本の橋塔の高さ約134m。

実に一日に700隻もの船が、この下を通過しているといいます。

さすがに関門海峡は国際航路なのだなと思いました。

暑いのが玉に瑕でしたが、天気が良くて、観光日和でした、。

|

« BLUEWING MOJI | トップページ | イチロー10年連続200本安打達成! »

旅行・地域」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門司港にて:

« BLUEWING MOJI | トップページ | イチロー10年連続200本安打達成! »