« 山たけのこ | トップページ | 五十肩? »

2011年6月25日 (土)

あむ

Ca380591


「わにわに」シリーズの小風さち・山口マオの最新作。

『おれのなまえをしりたいか? おれは、あむ くろいぬ、あむ』

という簡潔なリズムで始まるこの絵本は、今回、版画ではなくて、手描きの手法で「あむ」が描かれました。よりリアルに、より愛情込めて。

「あむ」は、裏表紙に「AMRITA, THE MIGHITY DOG」とあるように、本名「アムリタ」。山口マオさんの飼っていたラブラドールレトリバー、通称「アム」のおはなしです。

小風さんが、山口さんの住む千葉県千倉に行った時に、黒くて大きくてパワフルな「アム」をみて『こんな猛獣のようなイヌもいるんだ』と驚いた小風さんが、「アム」の元気さを生かしたおはなしを書いたとのこと。

Ca380592_2

Ca380593_2

Ca380593_4

本当に、今にも画面から飛び出してきそうな「あむ」。

好きな場面です。

飼い主のかっちゃんが大好きな「あむ」。

小風さんの文体と、山口さんの作風は良くマッチしていて、お互いを生かしているといつも思います。

こんなに元気だったモデルの「アム」くんですが、残念がら絵本の製作中の昨年11月に急逝してしまったとのことです。

サンスクリット語の「アムリタ」は、山口マオさんの奥様が名付けたと聞きましたが、「アム」くんは、この絵本の中で、永遠に「あむ」くんとして自由に生き続けていくんだなと思ったのでした。

山口マオさんは、クラスこそ同じにならなかったけれど、高校の同級生。
これからもいろいろな企画があるようで、作品になることを楽しみにしているところです。

|

« 山たけのこ | トップページ | 五十肩? »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あむ:

« 山たけのこ | トップページ | 五十肩? »