« たなばた | トップページ | ホットライン »

2011年7月 9日 (土)

口コミ

何かを買う場合、どこかに行く場合など、「○○は良かった」「△△はちょっと・・・。」などという口コミを利用することは多い。

「良かった」というものは、とりあえず買ってみようかとか、行ってみようかとかいう気になるのは否めない。

だが、まわりの人に聞いて参考にするという程度ならいいけれど、頼り切るのはどうだろうか。

ちょっと、患者さんとのやり取りで、気になったことがあった。

3歳児のむし歯の治療。
その深さや場所などから、局所麻酔が必要と思われるケースで、麻酔の注射をして治療をしたのだが、次に来院した時、子どもは、「苦い」注射を泣いて嫌がった。

この年齢の子どもは、「痛いから嫌」より、「味が嫌」で拒否反応を示すことが多い。洗えば直るのだが・・・。

母親が言った。

「友達に、『子どものむし歯の治療で麻酔する?』って聞いたら『麻酔なんかしないよ』って言ってたんだけど。」

たしかに、咬む面や、頬っぺた側、舌側の面だけのむし歯で、それほど大きくない場合には、麻酔をしないで削る場合がある。

しかし、その子の場合は、歯と歯の間にできたむし歯で、一部は神経に近いと思われるような深さのむし歯だったので、痛くなく削るためには、麻酔が必要だったのだ。

また、子どものむし歯は、大人と違って、短い期間で進行することが多く、そうなると、神経との間に防御層ができていないので、そのまま削ると痛いことの方が多い。

無麻酔で無痛治療と言うのは、むし歯が慢性に進行して十分防御層ができている大人の場合であり、子どもとは違うことを、この治療法を提唱する大学の教授に質問して確かめてある。

まあ、レントゲンを見せて、これこれこういうわけで、お宅のお子さんは麻酔が必要なんだと説明したが、明らかにまだ不満げな様子だった。

歯科医師のいうことより、友達の言うことの方を信じている感じなのだった。

麻酔をしないで削ると痛がるからそこでやめる、すると、むし歯の取り残しができる。言葉は悪いけれど、麻酔をしないで治療するのはいい加減な治療が多いのだよ・・とそこまで言った方が良かったか・・・。

病院などを選ぶ場合にも、ママ友の間の口コミは絶大なる力を発揮する。

人と同じところに行くと安心みたいな雰囲気もある。

そこで、その病院のキャパより多くの患者さんが集まったらどうだろう。

待たされる、1人当たりに施される時間も少なくなる、質の良い治療は期待できない。

口コミで人気で、混んでいる病院が必ずしも患者さんに恩恵を与えるわけではないと思うのだが、どうだろう。

|

« たなばた | トップページ | ホットライン »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まりママさん
特に最近のママは自分たちの友達ネットワークを大切にすると言うか、過信すると言うか、、、 お医者さんも大変ですね。
僕は先日の健康診断で「初期の肥満になっています」と宣告されました。 セカンドオピ二オン、、、 勿論聞く気になりません。十分身に覚えがありますからね。 さて、どうやって5kg減らすか、、、 今日もゴルフコンペで鱈腹昼間のビールを飲んでしまった僕は、 やっぱり自覚が足りませんね。 反省!

投稿: 大浦〜松島 | 2011年7月10日 (日) 20時08分

大浦~松島さん

件の3歳児の彼は、前回どうしても嫌だというので、試しに麻酔なしで治療したら痛かったとみえて、今日は、泣きながらですが、自分で麻酔をすることを選択し、無事治療を終えました。
最初は嫌で嫌で泣いてましたが、途中から、やっぱり削っても痛くなかったのか、泣きやんで、暴れていたのもおとなしくなって、ほめられて、ご褒美もらって帰りました(^○^)。


初期の肥満・・・ですか。私たちの年齢では、カロリーの消費がしにくくなってきてますよね(^_^;)
運動が必要だし。
あと、サプリメントも効果あるかな?
DHCのCMで、ぷよぷよボディーから、見事に引き締まったボディーに変身を遂げたお笑い芸人ハイキング・ウォーキングのQ太郎が出てますが、(タイでは、放映してるかどうか)本当だったら試してみてもいいかも・・・。

投稿: まりママ | 2011年7月12日 (火) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口コミ:

« たなばた | トップページ | ホットライン »