« 家政婦のミタと女王の教室 | トップページ | 年末年始・その2 »

2012年1月 3日 (火)

年末年始・その1

2012年が明けて、もう3日経とうとしている。

いつものことながら、あっという間に時が過ぎゆく。特にこの年末年始1週間。
何をしていたのか、リハビリを兼ねて、記憶をたぐりよせてみようと思う。

12月28日

私の患者だった男の子が、大学で野球をしていて、マウスガードが必要だということで来院したが、帰省の期間が短くて、次の日までに作ってセットしなければならなかった。

作業模型の乾燥を待って、夕方になって制作を始めた。シートをバキューム成形し、いざ切り出そうと、超音波式のカッターを棚から作業机の上に下ろそうとした時、カッターがずり落ちた。
そしてあろうことか、カッター部分のコードが伸びきって、カッターが床に直撃、バラバラに壊れてしまった。

うわーっ!

このカッターがあるので、楽勝だと思っていたのに・・・。

仕方ない。手用のカッターで切り始めたが、3.8mmのシートはなかなか手ごわい。時間がかかる。

運の悪いことに、この日は、R病院歯科の忘年会に行くことになっていたので、仕事を途中で切り上げ、あとは家で残業することとしたのだった。

それなのに忘年会でお酒が入ると、気が大きくなって、二次会まで行ってしまった。代行が混んでいて家に帰ったのが夜中の12時。それから夜なべ仕事をして・・・。ようやく、切り出しだけできた。

しかし、バキュームの時不備があったのか、何か辺縁の適合が悪い。どうしようかと考えた挙句、お湯につけて柔らかくして圧接。なんとか許せる範囲か。

あとは明日に。

12月29日

いつもより早めに出勤。エンジンとトーチで辺縁の仕上げ。

この日は午前中の診療で仕事納め、午後は大掃除という予定だったが、年内最後の診療日ということで、患者さんは時間枠にフルで入っていた。

その中で、マウスガードを調整することになったが、模型で見た時よりも咬合に支障があったり、咬合した時に辺縁の適合が悪くなったり、問題点続出。

他の患者さんを診ながら、なんとか問題点をクリア、イニシャルを入れたマウスガードににっこりして、T.M君は帰っていった。

ほっと安心。

午後は、大掃除だが、その前に、お正月用品(鏡餅、しめ飾り、生け花など)の買い出しに行く。

1年間貯め込んだ歯科雑誌や印刷物が山積みになっている院長室の片づけを、ほんの2~3時間でできるわけがない。

スタッフを帰した後も、切りがいいところまで続けたが、あきらめて帰宅。

・・・疲れた一日だった。

12月30日

朝、枕元の携帯が鳴って目覚める。

夫からの電話。午前中の診療時間が終わったから、これから帰って食べるものあるかとの問い。

えっ?診療?

寝ぼけた頭をフル回転させて考える。そうだ、今日、夫は休日歯科診療の当番医で出務していたのだった。

時間を見ると11時30分をゆうに過ぎている!

あらら・・・。朝ごはんは自分で食べて行ったのかな?

今から帰って来られても無理と思い、「悪いね」と謝る。

午後から、診療室の正月の支度をする。

その後、娘にせがまれて、ジャスコで買い物。

夕飯何がいいかと夫に尋ねたところ、スーパーで松代のそばを売るという記事を新聞でみかけたので、年越しそばにそれが食べたいとご所望。

ジャスコにはなかった。鴨肉と葱だけ仕入れる。

イチコもだめ。ナルスでようやく見つける。

鴨南蛮そばで1日早い年越しをした。

自宅の大掃除できずじまい。

12月 31日

やはり午前中は、さっぱり大掃除をする気が起きない。

午後から重い腰を上げて掃除を始めようとしたが、今夜のお歳とりの料理、私の担当分だけ2~3品作ってからにしようと、まずは料理から始めた。

さて、お掃除は、一番懸念の台所を。

レンジや流しを掃除し、周りの雑然と散らばるものを処分。

生ゴミ、燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラゴミ、ビン・缶・ペットボトル、の袋が何袋できたことか・・・。

夕方から、夫の実家にお歳とりにでかけたので、お掃除は中断。

お歳とりの乾杯は、「鮎」の古酒(5年寝せた日本酒)で。まろやかだが、ボディがしっかりしていて、とても美味しいお酒だった。

義母や義妹と、NHK紅白歌合戦を観る。

今年の紅白はなかなかよかった。歌による復興支援というメッセージ性のあるものだと思ったので。

娘が友達と二年参りに出かける。

大晦日にしてはめずらしく、星と月のきれいなおだやかな年越しだった。

|

« 家政婦のミタと女王の教室 | トップページ | 年末年始・その2 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まりママさん
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末ギリギリまでお仕事ご苦労様でした! 僕の歯はガタガタで、出来れば見てもらいたいなぁ、と思っていますが、かなわぬ願いですねぇ。 今日の記事を読ませてもらって、やっぱり四季がハッキリしていて、年の行事を大事にする日本っていいなぁとつくづく感じました!

投稿: 大浦~松島 | 2012年1月 4日 (水) 10時53分

大浦~松島さん

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします

佐倉の友人もタイで作った義歯(?)が壊れたとかFBにコメントしてくれましたが、ごめんなさいね、私、子ども専門の歯医者なもので、あまりお役に立てないかも(^_^;)。

一応年中行事はするように心がけてはいますが、昔のように元日をいつもと違う、「ハレの日」として感じる心が薄れて来ているように思えてなりません。

それにこの頃、四季といっても天候がおかしいんですよ。夏に寒い日があったり、冬なのに夏日になるところがあったり・・・。どうしちゃったんでしょうね。

投稿: まりママ | 2012年1月 5日 (木) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始・その1:

« 家政婦のミタと女王の教室 | トップページ | 年末年始・その2 »