« 小さな幸せ | トップページ | 占い »

2012年1月14日 (土)

雪国ファッション

雪が降って積もるようになると、外出する時の装いが決まったものになってしまう。

秘かに私が「雪国ファッション」と呼んでいるのだが、

膝までの丈のある長靴と、フード付きダウンコートが必須。

あとは手袋と帽子。

まずは長靴。いや、「レインブーツよ」と知り合いが訂正。

Ca3k0167


雪道、駐車場の融雪を水を流してするところが多いため、歩くとぬかぬか、びちゃびちゃ・・・。防水の効いた靴でないと、水がしみて来て、大変なことになるのだ。その点、長靴なら安心。気も使わなくていい。

また、圧雪された道ならいいが、新雪が積っているところを歩かなければならない時とか、車をやり過ごす時に、道の脇の雪だまりに退避しなければならない時など、膝丈まで長さがないと、履き口から雪が入ってきてしまうことがある。

必然的にボトムスは細身のパンツスタイル。

スポッと長靴が脱ぎ履きができることが望ましい。生地がやや厚い方が、履き口がぴったり塞がり、雪が入って来ない。

次にフード付きのダウンコート。

Ca3k0168

別にダウンでなくてもいいが、やはり、暖かさが違うし、下に何枚も厚着をしなくてすむのがいい。(ただ、たくさん雪をかいたり掘ったりしなければならない時には、ダウンだと暑すぎるけれど・・・。)

また、湿った雪の時などは濡れると保温性もダウンするので要注意!

フードは、吹雪いて傘が役に立たない時とか、雪が降っている中で、雪かき・雪掘りなどの作業をしなければならない時、なくてはならないものである。

ただ、難点があり、フードをすっぽりかぶってしまうと、とたんに周囲の音や気配から遮断され、左右の視界も悪くなるので、忍び寄る車など、細心の注意を払う必要がある。

丈は少し長めがいい。ショート丈だと、雪が吹きつけてくる中”行軍”しなければならない時など、太腿が雪で濡れて寒くなってしまう。

手袋は、やはり、雪が降っているのに素手だと手が千切れそうに痛くなるので、真冬の防寒には欠かせないものだろう。手が悴むのを防ぐし、あかぎれ、肌荒れなどからも守ってくれる。

Ca3k0171


夜のウォーキングには必須である。

スコップ、スノーダンプで雪かき・雪掘りをする時には、スキー用のグローブをはめてすることも多い。

色とか形とか気に入ったもので、少しでも楽しく、暗くなりがちな雪国の冬を過ごしたいものだ。

ちょっとの雪など、帽子をかぶっていれば傘をささなくてもいいし、フードのように周りの情報を遮断することがないので、これも雪国の必須アイテムだろう。

Ca3k0169 

街を歩けば、フード付きコートに長靴(レインブーツ、ブーツ)の人のなんと多いことか。年配の人は必ず帽子をかぶっているし・・・。みんな雪国ファッションだ。

ただ、中・高生は、短靴、コート無しの子も多くて、おばさんには、ちょっと理解しがたいところがあるのだけれど・・・・。

|

« 小さな幸せ | トップページ | 占い »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

まりママさん
学生時代からだと、足掛けX0年の雪国生活、、、 すっかり北国の人ですね。お互い気候がちょうど良い千葉から、なんとまぁ両極端な所に住みついたもんです。スッテンコロリんには注意してくださいね。

投稿: 大浦~松島 | 2012年1月14日 (土) 07時17分

まりママさん、おはようございます。

「雪国ファッション」はずいぶんとオシャレですね。着た姿が目に浮かぶわ
でも、クルマで出かけるときには、この格好ではないんでしょうね。また、男の人はどんな格好なのでしょう?
テレビで見る雪の中のオバサンのイメージとしては、ゴム長靴に綿入れのねんねこ、頭に手ぬぐいの頬かむりという感じなのですが、そっちのバージョンもゼヒ

投稿: しりあげむし | 2012年1月15日 (日) 09時41分

大浦~松島さん


確かにね~。片や雪国,片や、南国ですものね。

すってんころりん雪だるまにならないよう、気をつけます(笑)

しりあげむしさん

車で行く時も、行った先が屋内の駐車場でない限り、びちゃびちゃのところを歩かなければならないことも多いので、このままですよ。
コートもこれ以上長くなければ、運転の邪魔にはなりません。

男性もフード付きコートにゴム長靴が定番かと。

タオルでほおかむりは、広範囲の雪かきの時、汗をかくので、してましたね(^_^;)

投稿: まりママ | 2012年1月16日 (月) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪国ファッション:

« 小さな幸せ | トップページ | 占い »