« カニ缶 | トップページ | 雨水 末候 »

2012年2月28日 (火)

大学入試

我が家でも、娘の大学入試が来年にせまった。

娘は、もうセンター試験まで10カ月余りとなっているのに、いまだ自覚が足りず、本当に受験生になるのかとほとほと首をかしげる。

しかしながら、親としても、自分の時はいざ知らず、教育ママの爪の垢でも煎じて飲まなければならないくらい不勉強で、昨今のセンター試験・前期・後期などの、複雑な試験制度に対応して、子どもにアドバイスできるような知識はほとんどないに等しい。

朝日新聞デジタルで2012年度の大学入試速報なるものを見つけた。

私立・国公立大学二次試験特集として、試験問題の一部と解答が掲載されている。

問題を見てみた。

「・・・・・・」

受験生は大変だ。

   →私立・国公立大学二次試験特集

|

« カニ缶 | トップページ | 雨水 末候 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、こんばんは。

…ホント大変です
センター試験でちゃんと点が取れないと、ずっとキツイです

消耗戦になります。
余力のない我が家ではアップアップになってます。
まず体力をつけておいてください

投稿: しりあげむし | 2012年2月29日 (水) 21時04分

しりあげむしさん

やはり、まずセンター試験ですか。
うちのお城ちゃん、わかっているんだろうか。
自覚に乏しくて困りものです。

体力ですね

投稿: まりママ | 2012年3月 2日 (金) 00時30分

まりママさん、こんばんは。

「体力」と書きましたが、フィジカルなものだけではありません。
親子ともにセンター試験からの長丁場を乗り切る「体力」は必要ですが、
日本中あちらこちらに受験に出かけることのできる「財力」…
志望校に落ちても、気持ちを切り替えて次に臨む「精神力」…
ああ、心が折れそうだわ

投稿: しりあげむし | 2012年3月 2日 (金) 21時31分

まりママさん
凄そうですね、、、、 我が家の脳みそキン肉マンには到底無理なバトルです。
ただ、そうして努力した彼らの未来は、、、、 先日週刊誌の見出しを見ていたら
身の毛のよだつ事が書かれていました。もう何度も言われ続けている高齢化社会の
実態、、、 もし内容が本当なら、希望のある未来ってフィクションの中でしか
存在しないと言う事になる。 正直、今の今、タップリ年金貰っている人の分から
削減しないと飛んでもない状況になりそう、、、 そんなバカなと言っても、他に
財源もないでしょうし、、、 今の受給者は実際、海外旅行や趣味で、20−30代の
人たちより優雅に暮らしている。まりママさん、なにかいいアイデアないですか?

投稿: 大浦〜松島 | 2012年3月 7日 (水) 00時24分

まりママさん、こんばんは。

我が家の入試は、野球で言えば、3-0、9回裏・2アウト満塁で、過去3打席凡退のライトで8番バッターが、1ストライクから逆転満塁サヨナラホームランを打って終わりました。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

投稿: しりあげむし | 2012年3月11日 (日) 21時14分

大浦~松島さん

確かに、今大学入試で苦労している若者の老後まで考えると、この子たちの未来は・・・ということはありますね。不平等社会となってきてます。
私たち世代の年金もぎりぎりどうか。国を当てにせず、民間でとはいっても、民間が倒れたらおしましですが(^_^;)


しりあげむしさん


おめでとうございます
息子さん、かくれたスラッガーだったんですね

投稿: まりママ | 2012年3月13日 (火) 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試:

« カニ缶 | トップページ | 雨水 末候 »