« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | カラスの仕業 »

2012年3月13日 (火)

3.11を忘れない

Ca3k0216_convert_20120314004328

「120311_145007.3G2」をダウンロード

「120311_145150.3G2」をダウンロード

府中山 願念寺(浄土真宗本願寺派)の住職さんとその妹さんと友達なので、鎮魂のための鐘を妹さんご夫婦と一緒に撞かせてもらいました。

特別な時に撞く鐘は、10回だそうで、8回目までは、余韻を聞いてから撞くのですが、9・10回目は続けて撞いて、終わりにするのが、本願寺派の決まりなのだそうです。

*府中山願念寺 
 願念寺の開山は智源で、建武元年(1334)に駿河道場口(静岡県)に創建したと伝えられています。永禄6年(1563)、願念寺第6世正玄の時に春日山城下へ移ったといわれています。
           その後、戸野目新田をへて、寛永4年(1627)に現在地へ移りました。

地震の起きた14時46分から撞き始め、皆で黙とうしました。

(写真とコメントは3月11日にすぐ、フェイスブックにアップできたのですが、携帯で撮った鐘の音を動画でブログにアップしようとして苦労してました。携帯からVistaのPCに取り込むことができず、ようやくWindws7のPCに取り込めたのだけれど、時間が制限されてしまって、元の動画を編集カット。その上、ブログにアップするには、1Mbtという制限があって、さらに編集カットを余儀なくされました。しかし結局どうやっても最後の9・10回目の鐘の音は、IMbt以下にすることができず、残念ながらアップできませんでした。タイムリーではなくなってしまいましたが、一応、備忘録なので、記事にしておきます。Youtubeとか使えるようにならないと・・・。)

・・・アップできたはずの鐘の音も自宅のVistaでは不具合が・・・。

 

|

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | カラスの仕業 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11を忘れない:

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | カラスの仕業 »