« 公共の駐車場について | トップページ | 空にあこがれて »

2013年6月18日 (火)

標準仕様

6年前、娘に自転車を買った時、ちょうど娘の気に入った自転車のライトが、LEDの自動点灯式のものだったので、これは良いと思った。

ダイナモ式のように重くならないし、何倍も明るい。第一つけ忘れが無い。安全である。

夕暮れ時、車を運転していて、無灯火の自転車ほど怖いものはない。特に診療所の駐車場からバックして前の道に出る時、まったくの死角から無灯火のやつが急に表れると、ひやりとする。バックビューモニターを付けていたって、よくわからない。

真っ暗闇なら、みな、ライトを点灯するのだろうが、そこそこ明るいと、徒歩の時と同じく特にライトをつけなくても自転車に乗れるから、ついつけないままにしてしまうのだろう。

また、ダイナモ式だと、かなり負荷がかかって、自転車を漕ぐのが大変になって、スピードも落ちるから、故意に点灯しない人もいるかもしれない。

あぶない。車を運転する者にとって、迷惑この上ない。

すべての自転車に、自動点灯式のLEDライトを搭載すべきだと、娘の自転車を購入した時から思っていた。

最近、街中でLEDライトの自転車(明るいのでよくわかる)が少しは増えてきたような感じがした。

そこで、自宅マンションの駐輪場にある自転車では、LEDライトの普及はどんなものだろうと興味がわいて、調べてみた。

結果、11台中、LEDはたった3台だった。

う~ん。自転車はもちがいいから、旧式のものがまだ現役だったりするんだろうか。

これから製造する自転車は、自動点灯式LEDライトを標準仕様として欲しいものである。

|

« 公共の駐車場について | トップページ | 空にあこがれて »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 標準仕様:

« 公共の駐車場について | トップページ | 空にあこがれて »