« I can fly | トップページ | 備忘録(9月・10月)その2 »

2013年11月26日 (火)

備忘録(9月・10月)その1

9月・10月は、義父の通院、入院、手術実家の母の視力低下などで、あたふたしていた。
それは記事にしたし、その他の出来事はフェイスブックに少しアップしてあったので、それっきりにしてしまったが、ここにフェイスブックに書いてないことを備忘録として書き留めておこうと思う。(記憶力リハビリ中)

9月4日(水)

成育歯科医療研究会で豊橋へ。大会テーマが多数歯部分性無歯症ということで、乳歯も永久歯も10歯以上欠損している患者さんを抱えるY先生(出身大学の1年先輩)が研究会の会員ではないのだけれど、参加して来られた。

顎の成長とともに可撤式保隙装置(入れ歯)を作り替えないといけないのだが、患児本人と母親が、「入れ歯」ということに抵抗があって、絶対に認めたがらないとのこと。

仕方なく、「矯正装置」ということにして人工歯を排列するのではなくて、レジン床部を盛り上げて咬合高径を上げて対咬関係を作っているのだということだった。

若いのに歯が何本もなくて、入れ歯を入れなくてはならないということが精神的に耐えられないようだとのことで、歯科医のサイドで適切な処置だと思っても、患者に受け入れられないこともあるのだと、改めて認識。なんとか折り合うところを見つけるのが、患者に寄り添う医療なのかなと思ったのであった。

懇親会の後、ワインバルでいろいろ話をしていたら、悩んでいたY先生も吹っ切れたようで、その後は、二人で、自分たちの子育ての話で大いに盛り上がったのだった。

9月5日(木)

大会2日目。この日は、朝の7時半からモーニングレクチャー。ヘビーな1日の始まり。

前日のゲリラ豪雨で、名古屋市に避難勧告がでたとかで、交通機関は大丈夫かと心配だったが、問題はないようで一安心。

無事大会も終わり、帰路に着いたが、名古屋―長野経由で帰るため、娘のアパートのある松本で途中下車。娘は夏休みで高田に帰省中だったので入れ替わりのような形。

娘の部屋の散らかり様に、思わずお掃除を。一宿の恩義か。

9月6日(金)

夕方の診療に間に合うように帰ればいいので、電車の時間まで、松本市美術館の常設展とメアリー・ブレア原画展を観て、美術館敷地内のレストラン・サンチームでランチを食べ、有意義に過ごした。

美術館では、草間弥生の作品を楽しみ、上條信山の書に感銘を受け、メアリ-・ブレアの色彩豊かで、自由な絵に元気づけられた。

レモネードガールは、ピッチャーの取っ手が女の子の耳になっている楽しい作品。

Ca3k1021

ウォルト・ディズニーとの出会いと信任により、彼女の作品、色彩が、シンデレラやピーターパン、不思議の国のアリスなどのディズ二―の映画に使われているのだ。「コンセプトアート」なるものを初めて知った。

Ca3k1019

ディズニーランドのアトラクション、イッツ・ア・スモールワールドも彼女のコンセプトアートを基に設計されたものだそうだ。(下の写真は、イッツ・アスモールワールド3)

Ca3k1023

|

« I can fly | トップページ | 備忘録(9月・10月)その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、こんにちは。

遠方の学会では、行った先・途中での楽しみがあると、勉強に行くのも楽しみになりますね。
今年はもう終わりでしょうか?

投稿: しりあげむし | 2013年11月26日 (火) 10時13分

今年は12月8日に東京に矯正の勉強に行く予定があります。
日帰りですので、しいて楽しみといえば、電車の時間までデパートを覗くことですかね

投稿: まりママ | 2013年11月26日 (火) 23時39分

まりママさん、こんにちは。

12月になっても勉強会で東京とは頭が下がります。

東京は、クリスマスとボーナスサンデーで賑やか・華やかでしょうね。

ウチはアベノミクスの恩恵にあずかれず、ひたすら我慢・節約の年末になりそうです

投稿: しりあげむし | 2013年11月27日 (水) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録(9月・10月)その1:

« I can fly | トップページ | 備忘録(9月・10月)その2 »