« ゴジラ | トップページ | システムキッチン »

2014年8月16日 (土)

R.I.P.

夫の父が亡くなって、先日の日曜日に、少し早めの35日法要と納骨が終わった。
壇引きをし、忌中の立て札も取り払われ、これで忌明けとなるらしい。

浄土真宗なので、亡くなったらすぐ、導師によって仏となるため、不祝儀袋も「御霊前」ではなく、「御仏前」で良く、忌明けも49日を待たなくていいのかと思う。

私の実家は真言宗で、少ししきたりが違うし、実家の祖母が亡くなった39年前に比べて色々なことが違うなと感じた数週間だった。

高校2年の時、脳卒中後6年間寝たきりだった祖母が、自宅で亡くなった。
亡くなる直前には呼吸の仕方が違ってきて(いわゆるチェーンストーク呼吸)、家族が枕元に集められて、名前を呼びかけるように言われた。末期の水ということで、母が綿に水を含ませ口をぬぐった。医者が呼ばれ、臨終の宣告がなされた。あまり記憶にないが死亡診断書も書いてもらったのだと思う。

その後、皆が寝てから、実の娘の母と叔母で祖母を湯灌し、含み綿などの処置をして、北枕に安置したらしい。枕元には、魔よけの刃物として槍の先が置かれていたし、一本箸を立てたご飯もあったようだった。

知らせを受けたご近所さんが、何人も手伝いにみえて、役所に死亡診断書を届けることもしてくれたようだった。家中の食器をかき集め、弔問客への接待に使われた。自宅での通夜だったため、家の中は、お客や近所の人たちで上へ下への大騒ぎという感じで、お茶出しを手伝ったことは覚えているが、あとあまり覚えていない。悲しむ余裕などなかった。

義父は、癌の転移が進み、効果的な治療法がなくなった時点で延命治療を希望しなかったため、緩和ケアをしている病院に移り、そこで息を引き取った。

いよいよ今夜が峠かという時に、病院から夫と義兄に泊まって欲しいという依頼がなされた。私と娘も、夫たちが席をはずしている間、見守っていた。叔母や従妹も来てくれたが、義父に声をかけると、認識したようであった。

肺に水がたまって呼吸困難のため、鼻チューブからの酸素吸入とモルヒネとドルミカムの持続皮下注がなされていて、朦朧としていたが、最後まで意識はあったと思う。

最後の晩は、下顎と全身を使って苦しそうに息をしていた。口をあけているので、口腔内が乾燥してつらそうだった。もう水も飲めなくなっていたし。私は見るに見かねて、口腔ケアで使う保湿剤を唇と口腔内に塗ってあげた。表情が和らぎ、頷いてくれた。結局これが末期の水?になったようだ。今は特にそういうことをしないようなので。

最期は夫が看取った。

病院だと看護師が夜も見回りをするが、目を離した間に亡くなっていることもあるため、親族が呼ばれたのだろう。それから、ベッドから移す際に、義父は大きな人だったから、看護師の人出の少なくなる夜間には、男手が必要だったようだ。

明け方の3時半ごろに夫からの電話で呼ばれて娘と病院に駆け付けた時には、義父はストレッチャーで霊安室に向かうところだった。ここで、すでに義妹が手配した葬儀社の車が来るまで安置するとのことだった。

義父はまだ温かく、亡くなったのが信じられないくらいだった。祖母の時には、死が怖くて祖母には触れられなかったのだが・・・。

病院でエンジェルケアを施してもらってから、セレモニーホールの控室へ。控室はメゾネット式になっていて1階は、トイレ・台所付きの遺体を安置する部屋。大きなテーブルもあって、遺族と葬儀社で打ち合わせができるようになっている。お茶出しもできるので親しい人の弔問も受けられる。2階は、トイレ・風呂付で、3組の寝具が用意された遺族が泊まれる部屋になっている。

お参りするためのお壇には、本物そっくりの揺らぎを模した電灯のろうそくが置いてあり、火災防止のため、お線香はなかった。

祖母の時、二十数年前の伯母の時など、お通夜のあとは一晩中、ろうそくとお線香を絶やさぬように、寝ずの番をしなければならなかったものだが、今はしなくてもよいようである。

また、魔よけの刃物も、宗派の違いもあってか、必要ないようである。ご飯も省略。

棺に納めるときには、女性2人の納棺士が来て、本当にきれいにしてくれた。顔色もまるで生きているかのようだった。触ったら、ひんやりと冷たかったが。

遺族は、それでなくても決めなければならないこと、やらなければならないことなどがあって結構大変なので、遺体の死後の処置などプロの方にしてもらえるのは大変助かる。母や叔母は良くやったなと今更ながらに感心してしまった。

セレモニーホールを利用すると、自宅で行った時に比べ、余裕が生まれた。会場でスナップ写真をメモリアルスライドにすることになって、皆で写真を探しながら、思い出話をしたり、写真を探しに義父の部屋に入った時など、几帳面だった義父の人となりを彷彿とさせるものがあったり、色々なことが思い出されて、娘と一緒に悲しみに浸ることもできた。

祖母の時の葬儀は、お寺で行った。2月だったので、お経を聞いている間中、寒かった覚えがある。その点、セレモニーホールは空調が完備しているので、夏でも涼しくとり行うことができる。

火葬場では、昔は煙突から煙が出たものだった。一条の灰色の煙が立ち上っているのを弟と見ながら、ああ、あれは祖母だ。祖母が空に登って行くんだと思った記憶がある。今は、環境に留意して煙を出さないようになっているらしい。

お骨あげでは、材質の違う箸を持ち、隣の人と渡し箸で一つの骨を拾って骨壷に入れたと思うが、お箸も特に材質が違うものでなく、渡し箸をすることもなく一人一人で拾って集めた。
どんどん合理化されていくのだなと感じた。

葬儀では、初七日の法要も一緒に行ったが、祖母の時は別だったような。そして四十九日の法要の後、お墓に納骨した。

お通夜や、お葬式の後、自宅に入る前には、必ずお清めの塩を振ったものだったが、浄土真宗では、霊でないので、お清めの塩は要らない。

こんなことを思いながら、お盆も過ぎた。

義父は最期まで、力を尽くして生きた。今は安らかに、冥福を祈るばかりである。

|

« ゴジラ | トップページ | システムキッチン »

つぶやき」カテゴリの記事

宗教など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R.I.P.:

« ゴジラ | トップページ | システムキッチン »