« ガラスの腰 | トップページ | 思い込み »

2015年3月 3日 (火)

ひな祭り

Fullsizerender
桃の節句、ひな祭りメニューというスーパーの折り込みチラシにつられて、雛の宴は、特売の黒毛和牛のステーキの後、定番の五目ちらしと、蛤の潮汁になりました。

お雛様にも、ミニちらしと桜道明寺をお供えしました。

蛤は、千葉県産。

中国産の3倍の値段がついてましたが・・・。なるべく中国産をボイコットしている手前、清水の舞台から飛び降りて千葉県産を購入。大きな蛤でした。

白酒ですが、甘酒やにごり酒とも違うお酒。

飲んだことないし、私のまわりでは、スーパーはもちろん、酒屋さんで売っているのも見かけたことがありません。東京では売っているのでしょうか?

なので、お雛様には、梅酒でがまんしてもらいました。

この梅酒、八海山の焼酎「よろしく千萬あるべし」を使った、梅のエキスたっぷりのにごり梅酒で、なかなか美味であります。

|

« ガラスの腰 | トップページ | 思い込み »

行事、習慣」カテゴリの記事

コメント

まりママさん、おはようございます。

「お雛さまには、梅酒でがまんしてもらいました」は結構ですが、その後お神酒はまりママさんの胃に収まったのですね? 梅酒になる前の焼酎も追加されたかな?

投稿: しりあげむし | 2015年3月 4日 (水) 08時19分

しりあげむしさん

お肉を食べた時に赤ワインを飲んで、次に焼酎のお湯割りを少々いただいたため、梅酒は、おさげして冷蔵庫に入れてあります。今夜飲む予定です

投稿: まりママ | 2015年3月 4日 (水) 18時48分

まりママさん、こんばんは。

我が家も3日は家内がお寿司を買って帰ってきましたが、蛤のお汁は無し。「千葉産はすごく高かったし、中国産を買うのも嫌だから」ということで納得。
こんなに海に囲まれた国に生きているのに、何か変ですよね。
娘が家を出てからは、お雛様を飾ることもなくなりました。孫はまだだなぁ。

投稿: しりあげむし | 2015年3月 4日 (水) 20時50分

しりあげむしさん

蛤は、二人分でいいので思い切って買いました。
今や蛤は8~9割を輸入にたよっているようですね。
国産の蛤は漁獲量が減って高級品になってしまいました。
蛤は環境や水質変化に弱い貝だからということですが、中国や韓国から輸入される「シナハマグリ」はどれだけ強いんだろうと思ってしまいます。あの環境汚染半端ない中国で育つんだから・・・。

お雛様は、娘がいなくても年一回は明るいところに出してあげようと思って飾っています。うちの場合マンションなので、最初から段飾りにはせずに、お内裏様とお雛様1対と付属品、それに屏風や、雪洞、桜、橘などを出すだけにしたので、それほど手間ではありません。

投稿: まりママ | 2015年3月 6日 (金) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭り:

« ガラスの腰 | トップページ | 思い込み »