« 娘の手術 その4 | トップページ | 娘の手術 その6 »

2015年8月21日 (金)

娘の手術 その5

娘の手術 その5

娘は、体内から8本の様々なチューブと、顔には酸素マスク、指にはペルオキシメーターを装着していました。
熱があるので、氷枕もしていました。

片方の手で、ナースコールを握っていましたが、とてもスイッチを押す元気はなさそうでした。発熱のため、ぼうっとしていたようです。また、全麻の影響で声がかすれて出ないので、応答がよくできないと思われました。
「痰がからむ」
「お腹がかゆい」
「腰が痛い」
と、私に訴える度に、手っ取り早く私がナースステーションに行ってその旨を伝え、痰を吸引してもらったり、腹帯の中を見てもらったり、枕を使って体位を変えてもらったりしました。

痒みは、鎮痛薬の影響もあるし、腹帯の繊維が刺激しているせいかもしれないとのことでした。
看護師さんが、腹帯を解いた時に、期せずして逆L字切開の縫合がみえましたが、第一印象は「綺麗な傷口!」でした。プロの技を感じました。

8月13日・術後1日

午前中はいろいろな処置があってバタバタするので、私は午後から来るように言われていました。

どうなったかと心配して行きましたが、鼻から胃へのチューブと一本の点滴チューブが外され、熱も少しずつ下がってきていました。

初めての歩行練習もしたそうですが、ふらふらして吐いてしまったので、止めたそうです。長時間横になっていたため、起立性低血圧のような状態になり、脳への血流が足りなくなったからとのことでした。
ベッドを起こし、座位を取って体を慣らしながら、また後でトライするとのことでした。
チューブが一気に2本はずされたのと、声も元気になっていたので、術後、初めて本当に安堵しました。

8月14日・術後2日

皮膚の縫合部からのチューブが抜かれました。
これで、あと5本になりました。
昨日からいろいろなところに痒みが出ているようです。
鎮痛薬の影響があるとのことで、薬の強さを落とすことになりました。背中の硬膜外からのチューブが、病衣に安全ピンでくくりつけてある袋の中の薬剤と繋がっています。

かなり歩けるようになってきました。
心配がなくなってきているので、私は途中で外出し、駅前で買い物をしてきました。

ただ、まだ、おならが出ないのて、口からは水も飲めません。うがいをして口の中を潤しています。

痛みが出たので、鎮痛薬の強さを戻してもらったようです。
夜もナースコールで鎮痛薬のフラッシュをしてもらったと言ってました。

|

« 娘の手術 その4 | トップページ | 娘の手術 その6 »

コメント

初めまして
ガクト関係で見ていたら
たまたま。。。
ちなみに、ブログを拝見していたら自分の自宅の側の
病院が。。。
お嬢様大変ですね。何も解らなくて書くことは、大変失礼かと思いましたが、元気を出していただきたく・・。
明日、新潟に行ってきます。
その、趣旨は・・・。
後で、林泉寺にも行ってきますので
何も知らない私ですが、お嬢様のご無事をお祈りさせていただきますね。

がんばってくださいね。

未来はきっと明るいですから。


だいじょうぶです。
大丈夫
・・・・。

(お邪魔して大変申し訳ありませんでした。)

投稿: 宗ちゃん | 2015年8月21日 (金) 16時58分

宗ちゃん 様

コメントありがとうございます!
林泉寺で、お祈りもして下さるというお気持ち、感謝に堪えません。
おかげさまで、もう少しで退院できそうです。

ガクト謙信いかがでしたか?
今年は白馬ではなかったようですが・・・
私もほぼ毎年観に行ってましたが、ガクトさんかっこいいですよね♪
残念なことに去年は義父の喪中で行かれず、今年は松本でしたので、ご尊顔を拝することができず・・・。
「がくと」といえば、松本市は確か、「学都」「楽都」「岳都」でしたね(*^-^)

投稿: まりママ | 2015年8月25日 (火) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘の手術 その5:

« 娘の手術 その4 | トップページ | 娘の手術 その6 »