« 小児歯科医の仕事 Ⅳ | トップページ | Windows10強制アップグレード »

2016年7月 1日 (金)

小児歯科とDVD

赤ちゃんの授乳時、お母さんは赤ちゃんと目を合わせてアイコンタクトをとることが大切なのですが、赤ちゃんはそっちのけでスマホやTVを見ながら授乳される方も増えたとか、幼いお子さんの子守をTV・ビデオ任せにしているとかということを聞くたびに、ちょっと嘆かわしいことだと思っていました。

それと、歯科医院でお子さんにDVDを見せながら治療するということを、同じように、邪道ではないかと思い、最近までずっと食わず嫌いをしていました。

ところが、2年前にお試しでポータブルのDVDを診療台に取り付けてみてから、いちがいにそうとも言えないないことに気が付きました。

すべてのお子さんにうまくいくとは限らないのですが、たとえば、麻酔の注射をする時など、DVDで自分の好きなアニメを見ていると、そちらに気を取られて、針を刺す瞬間に動かないでいてくれるので、あまり痛みを与えずに注射をすることができるとか、歯を削る機械の音があまり気にならなくなるとか、お子さんにとっても、術者にとってもプラスとなることがあるのです。

また、お母さんに説明する時など、お子さんが静かにしていてくれるので、お母さんも、お子さんに気を取られることなく、こちらの説明に集中してもらえます。

こういう道具は、いかにうまく使うかが問題なのだなと、改めて実感しているところです。

まあ、あまり一生懸命にDVDを観すぎて、私たちの言っていることが聞こえなくなるのが玉にきずですが・・・。

     *神岡歯科医院のHPはhttp://kamioka-dc.jp/

|

« 小児歯科医の仕事 Ⅳ | トップページ | Windows10強制アップグレード »

歯科医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小児歯科とDVD:

« 小児歯科医の仕事 Ⅳ | トップページ | Windows10強制アップグレード »