« 春日山城史跡広場 | トップページ | 謹賀新年 »

2017年8月 4日 (金)

小倉

5月24日~26日は、小児歯科学会で小倉にいました。

小倉に来るのは3度目ですが、ゆっくり市内を見たことがなかったので、今回は、モノレールにも乗り、小倉城に行ってみました。

小倉

細川忠興が、1602年から7年かけて築城したお城で、石垣は野面積み。現在の城は、昭和34年に再建されたもので、「唐造りの天守」と呼ばれる天守閣も再建されたのだそう。

なかなか立派なお城で、中の施設も楽しめるものでした。

さて、細川忠興の時代、剣術師範として巖流小次郎(佐々木小次郎)が小倉に滞在していた時、宮本武蔵との巌流島の戦いがあったようです。(いろいろ諸説あるようですが)

小倉

1632年には、信州松本城、播州明石城を経て、徳川の親藩大名、小笠原忠真が 藩主として入城します。

彼も、宮本武蔵とのかかわりがあり、武蔵の養子、宮本伊織は取り立てられて忠真の時代に家老になっています。

清和源氏の一族だった小笠原氏は、弓馬礼、茶道の小笠原流の祖だったんですね。

小倉の名物料理とされるものに、「じんだ煮」という、鰯や鯖を糠炊きしたものがありますが、小笠原忠真が信州の糠漬けが好きで、糠床を小倉に持ち込み、家臣にも奨励したことが始まりであるようです。

こんな歴史の知識が、お城の施設で楽しみながら身に付きました。

ちなみに、じんだ煮、結構好きです。

小倉は関門海峡の魚がすぐに食べられるので、おさかな、美味しかったです。

小倉

小倉城の近くをぶらぶら歩いていると、「ときわばし」に。江戸時代、本州と九州を結ぶ街道の起点となっていたようで、伊能忠敬の碑もありました。

小倉

宇宙海賊キャプテンハーロック♪

小倉駅の新幹線口を出て右に行ったところに立っています。

松本零士が小学校3年から高校卒業まで小倉に住んでいたからですね。

小倉

くれぐれも・・慰安婦の少女像ではありません。

メーテルと鉄郎の像です。お間違えなく!

 

|

« 春日山城史跡広場 | トップページ | 謹賀新年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉:

« 春日山城史跡広場 | トップページ | 謹賀新年 »