« 2017年8月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月

2018年1月11日 (木)

光の双龍

アパリゾート上越妙高イルミネーションは、LEDライトで作ったイルミネーションによる世界最大の地上絵として2015年にギネス世界記録に認定されています。

その時の使用球数は、1,529,103球。

高田では、SAKEまつりで盛り上がっていましたが、私は、サカキンさんのお弁当と、祭り酒を買ってきて一応参加したことにし、夜は、前から興味のあったアパのイルミネーションを、丁度良く時間の都合のついた友達と一緒に観に行きました。

光の双龍

入場ゲートをくぐると、虹色の光の龍のトンネル。全長300m超えた世界最大級の光のトンネルをひたすら登ります。

光の双龍

山の上から降りてくると、1頭目の龍。

きれい!

大きい! 人の影でその大きさがわかります。

光の双龍

かなり斜面を下ってきて見上げると2頭めの龍の全貌がみえてきます。

光の双龍

時々火を噴いたり、いろがかわったりします。

光の双龍

 ↑スマホから写真アップしたら横になってしまった・・

打ち上げ花火も上がり、光の競演を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

SAKEまつり2017

絵t後・謙信SAKEまつり2017は、10月21日~22日でした。

SAKE祭り2017

あいにくの天気でしたが、大勢の人が繰り出していました。

SAKE祭り2017

上越は、発酵のまち。
発酵食品のブースで、今日の発酵文化に貢献した坂口謹一郎博士、生誕120周年を記念して作られた「サカキンさんのおべんとう」を買いました。

粕、塩麹、味噌、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品を使ったおべんとうで、なかなか美味しかったです

SAKE祭り2017

SAKE祭り2017
SAKE祭り2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もみじ公園、清風荘

もみじ公園、清風荘

山形大学の近くにある、通称もみじ公園。

真言宗の巨刹宝幢寺の庭園だったもの。
350年余り前に時の城主松平下総守忠弘が山形城の本丸庭園の余石と吉野のもみじを用いて、江戸の庭師とともに手を入れてつくらせた池泉回遊式庭園ということです。

レンタサイクルを借りていったのが10月9日でしたから、紅葉には少し早い時期。

ちょっと残念。

もみじ公園、清風荘

もみじ公園、清風荘

池に紅葉も映えてさぞかしきれいっだったことでしょう。

もみじ公園、清風荘

奥の建物は、旧宝憧寺大書院だったものを市が買い上げ、中央公民館分館「清風荘」に。
有形登録文化財です。

お茶室があってお抹茶も楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

文翔館(山形県郷土館)

文翔館(山形市)

10月8日~9日は学会で再び山形市へ。

今回は、市内観光。

まずは、山形県旧県庁舎(2代目)と県会議事堂(2代目)を修復、活用、一般に無料公開している「文翔館」を見学しました。

1916年に落成、内部のインテリアは大正時代のもので趣がありました。

文翔館(山形市)

ボランティアガイドの方の親切な解説を聴きながら、館内くまなく見てまわりました。

たくさん写真を撮ったのですが、ほんの一部しか載せられなくて残念です。

文翔館(山形市)

これは腰板の高い食堂。人々の声が反響するようにとのこと。またところどころ嵌められている石の板壁は、広い食堂を暖房するのに複数のストーブを置いた跡で、木造の腰板が焼けないように配慮されたものだそうです。

一度火災で焼失していることから、防火には細心の注意が払われているようです。

文翔館(山形市)

知事室。

壁のクロスは、現存していた切れ端から、コンピューター解析で復元したものだそうy

この部屋は、映画 るろうに剣心のロケに使われました。

文翔館(山形市)

この中庭も同じくロケに使われたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

GINZA SIX

GINZA SIX の中央吹き抜け空間のアート
GINZA SIX

かわいい水玉模様のオブジェは草間彌生さんによる作品。

2月25日までの展示だとのこと。次は誰の作品になるんだろう。

GINZA SIX

去年の9月10日に田町で研究会の例会が、23日に鶴見でセミナーがあって上京した帰りに速攻で銀座に立ち寄ったのでした。

GINZA SIX

屋上からの眺め。

GINZA SIX

屋上のガーデン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

山形 、蔵王温泉

2017年9月6日~8日研究会出席のため山形市に行ってきました。

初日は、観光。

蔵王温泉に行ったのですが、あいにくのお天気でした。 バスターミナルの近くの食堂で、「冷やし肉そば」を食べました。美味しかったのですが、少し肌寒い日だったので、暑い日に食べたかったと思いました。

山形 、蔵王温泉

ロープウェーで鳥兜山頂へ。山頂付近は霧の中で周囲がすべて真っ白でした。

下界に降りてきてようやく視界が開けました。

山形 、蔵王温泉

蔵王温泉の源泉近くにある酢川温泉神社まで、朝お詣りに。

長い石段が、ちょっときつかったです。

蔵王温泉はその昔、酢川温泉と言っていたそうで、確かに泉質は酸性。、少しぴりぴりしましたが、あたたまりました。

Image1

Image2

山形 、蔵王温泉

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

高田世界館にて

高田世界館」は、1911年に開業した、日本では最古級の現役映画館です。

中越沖地震で老朽化が進み、一時は閉館しましたが、取り壊しの危機に市民の有志映画ファンを中心とした保存活動が始まり、NPO法人「街なか映画館再生委員会」が発足。
個人オーナーから譲渡され運営、上映活動も再開するとともに、歴史的建物の保存修復、映画館としての再生活用が市民プロジェクトとして行われてきました。

今までに、近代産業遺産や国の登録有形文化財に認定登録されましたが、まだ課題は抱えているといいます。

現在では、映画上映の他に、演劇・落語の寄席や学校のイベント行事の会場としても使われ、街なかの映画館として親しまれています。

高田世界館にて

趣にある館内

高田世界館にて

天井の装飾

商業的な映画館ではなかなか上映されないような、小粒で光る映画が多く上映されているように思います。

去年の7月20日に観た映画が、レオナルド・ダ・ヴィンチの半生について役者が演じる再現ドラマと、美術館の学芸員や専門家の解説、数々の作品を融合させたもので、興味深いものでした。

高田世界館にて

高田世界館にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

国立科学博物館

2017.5.28(日)

国立科学博物館

大変混雑しておりました、大英自然史博物館展。

大英帝国のトレジャーハンターたちが世界中から集めてきた、貴重な標本、資料がたくさん展示され、どれも写真撮影OKでした!、昭和天皇が皇居で発見した粘菌の標本や、佐賀県に落ちた隕石の破片など日本に里帰りしたものもありました。

国立科学博物館

始祖鳥の化石。1861年ドイツ・ゾルンホーフェンの1億5000万年前(ジュラ紀後期)の地層から発見されたもの。

ちょうど1859年にダーウィンの進化論が出版され多時期で、この標本はロンドンで研究されることとなったらしい。

恐竜の特徴である歯やかぎ爪、骨でできた長い尾と、鳥類の特徴である羽根と羽毛をあ併せ持つ。最近このロンドンの標本をCT等で精査した結果、脳函が残っていて嗅脳より視脳の方が大きいということがわかり、嗅覚優位な恐竜より視覚優位な鳥類により近いと考えれるとのことでした。
国立科学博物館

南極大陸で発見された、裸子植物の葉化石グロッソプテリス(ペルム紀 2億9900万年前~2億7200万年前)

同じ葉化石グロッソプテリスが、南アフリカ・オーストラリア・インドでも発見されていることから、これらの大陸が繋がっていたという証拠になるもの。

国立科学博物館

ラトロープ金塊。個々の金の結晶が非常に大きく1cm以上のものもある、重さ717gの極めて希少な自然金とのことで、とてもきれいなので見とれてしまいました。

その他、貴石類、ドードーやサーベルタイガー、オオツノジカなどの絶滅してしまった動物の標本・模型、昆虫類、手書きの図鑑等々、途中人混みで身動きが取れなくなりながら、一通り見てまわりました。

一つ一つの資料の研究から、自然史の謎が解き明かされることを垣間見て、ちょっと興奮しました。

さて、この日午後からは、九段の歯科医師会館で開催された「子どもの食について」の公開フォーラムに出席。(これがメインで上京したのですが、せっかく東京に行くのだからと、科学博物館にも足を延ばしたのでした。)

新しい知見を得ました。
国立科学博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

謹賀新年

平成30年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

今年は、戊(つちのえ)戌年。

プライベートな事ながら、私、還暦となります。

まさか、自分がそんな年になるとは思ってもみませんでした…。

老眼に悩まされるようになり、風邪を引くと治り難くなり、何事にもちょっと面倒くさいと感じるようになって、肉体的にも精神的にも老いを意識するようになって来ましたが、ここで老け込まず、なんとか踏みとどまってみたいです。

60の手習い という言葉もありますが、何か新しいことにも挑戦しましょう!

このブログも、写真のアップに容量制限があるため(1MBより小さいサイズに変換必要)、つい面倒になって、写真が簡単にいくらでもアップできるFacebookの方に投稿してしまい、結果このブログを放置してしまっていましたが、これからは、方針を変えて記事を投稿しようかなと考えています。

今はiPhoneで撮った写真をモブログで投稿して説明文はあとでPCから編集しているのですが、これだとっても面倒・・・写真も5枚しか送れないし、縦横が本来の写真と変わってしまったりと不具合も多いので。

まあ、その前に、備忘録として、次の記事から、昨年訪れたところを何ヶ所かアップしておきたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2018年3月 »