« 謹賀新年 | トップページ | 高田世界館にて »

2018年1月 2日 (火)

国立科学博物館

2017.5.28(日)

国立科学博物館

大変混雑しておりました、大英自然史博物館展。

大英帝国のトレジャーハンターたちが世界中から集めてきた、貴重な標本、資料がたくさん展示され、どれも写真撮影OKでした!、昭和天皇が皇居で発見した粘菌の標本や、佐賀県に落ちた隕石の破片など日本に里帰りしたものもありました。

国立科学博物館

始祖鳥の化石。1861年ドイツ・ゾルンホーフェンの1億5000万年前(ジュラ紀後期)の地層から発見されたもの。

ちょうど1859年にダーウィンの進化論が出版され多時期で、この標本はロンドンで研究されることとなったらしい。

恐竜の特徴である歯やかぎ爪、骨でできた長い尾と、鳥類の特徴である羽根と羽毛をあ併せ持つ。最近このロンドンの標本をCT等で精査した結果、脳函が残っていて嗅脳より視脳の方が大きいということがわかり、嗅覚優位な恐竜より視覚優位な鳥類により近いと考えれるとのことでした。
国立科学博物館

南極大陸で発見された、裸子植物の葉化石グロッソプテリス(ペルム紀 2億9900万年前~2億7200万年前)

同じ葉化石グロッソプテリスが、南アフリカ・オーストラリア・インドでも発見されていることから、これらの大陸が繋がっていたという証拠になるもの。

国立科学博物館

ラトロープ金塊。個々の金の結晶が非常に大きく1cm以上のものもある、重さ717gの極めて希少な自然金とのことで、とてもきれいなので見とれてしまいました。

その他、貴石類、ドードーやサーベルタイガー、オオツノジカなどの絶滅してしまった動物の標本・模型、昆虫類、手書きの図鑑等々、途中人混みで身動きが取れなくなりながら、一通り見てまわりました。

一つ一つの資料の研究から、自然史の謎が解き明かされることを垣間見て、ちょっと興奮しました。

さて、この日午後からは、九段の歯科医師会館で開催された「子どもの食について」の公開フォーラムに出席。(これがメインで上京したのですが、せっかく東京に行くのだからと、科学博物館にも足を延ばしたのでした。)

新しい知見を得ました。
国立科学博物館

|

« 謹賀新年 | トップページ | 高田世界館にて »

文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館:

« 謹賀新年 | トップページ | 高田世界館にて »