« 国立科学博物館 | トップページ | 山形 、蔵王温泉 »

2018年1月 3日 (水)

高田世界館にて

高田世界館」は、1911年に開業した、日本では最古級の現役映画館です。

中越沖地震で老朽化が進み、一時は閉館しましたが、取り壊しの危機に市民の有志映画ファンを中心とした保存活動が始まり、NPO法人「街なか映画館再生委員会」が発足。
個人オーナーから譲渡され運営、上映活動も再開するとともに、歴史的建物の保存修復、映画館としての再生活用が市民プロジェクトとして行われてきました。

今までに、近代産業遺産や国の登録有形文化財に認定登録されましたが、まだ課題は抱えているといいます。

現在では、映画上映の他に、演劇・落語の寄席や学校のイベント行事の会場としても使われ、街なかの映画館として親しまれています。

高田世界館にて

趣にある館内

高田世界館にて

天井の装飾

商業的な映画館ではなかなか上映されないような、小粒で光る映画が多く上映されているように思います。

去年の7月20日に観た映画が、レオナルド・ダ・ヴィンチの半生について役者が演じる再現ドラマと、美術館の学芸員や専門家の解説、数々の作品を融合させたもので、興味深いものでした。

高田世界館にて

高田世界館にて

|

« 国立科学博物館 | トップページ | 山形 、蔵王温泉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高田世界館にて:

« 国立科学博物館 | トップページ | 山形 、蔵王温泉 »