子ども

2010年2月 7日 (日)

新年会

遅ればせながら、昨日(5日)、町内の子供会の新年会があった。

うちの町内の子供会は、小学1年生から中学3年までが会員。

これまでは、子どもたちも一緒にしていたのだが、子どもが年々少なくなり、今は、出不精の中学生組と、小学校低学年組に二極分化してしまっていて、子どもたち同士の話が全く合わなくなってしまっている。

そこで、今年は、親たちだけで集まろうということになった。

同じ町内、いつもの『66』で。

ここは、ハンバーガーと、ラム肉のグリルが美味しいお店なのだが、昨日は新しいメニューだった。さつまいもを入れたニョッキが美味しかった。

トマトサラダも、私はカプレーゼにすることが多いのだが、バルサミコとバジルでよりあっさりといただいた。

チリコンカンとトルティーヤ、チキングリル(塩とたれ)など。みんなおいしかった。

2時間飲み放題だったので、まずは、生ビール・プレミアモルツ。次に、アーリータイムス(シングル)ロックをチェイサーつけて2杯おかわりし、その後ハイボール。最後の締めは焼酎のお湯割りを注文。

猛者(?)は、カクテルをメニューの順番通りに次々に頼んでいたし・・・。

皆、アルコールが入って気持ちも開放されたのか、しゃべるしゃべる・・・。憂さ晴らしできたかな。

子供会の仲間だけあって、話題は、ほとんど子どものこと。今回のメンバーは、中高生の母が多かったので特に、話が合う。

うちの子だけかと思ってカリカリしていたことなど、皆、共通の悩みと知る。

片付けができない。勉強より携帯・ゲームに夢中。上を目指して頑張ろうとしない。楽をしたがる。等々・・・。

あと、中高生の男の子のことで、どこのうちも、父親と対立しているという話を聞いた。二人っきりになどさせたら話もしない、もしくは、父親がタイミング悪い説教をして息子がかみつくとか、「あっちの人」とかという呼び方をするとか・・・。

やっぱり、エディプスコンプレックスみたいなことってあるのかな。

安全パイを求めて、それ以上の努力はせず、のんきに構えているというのは、「ゆとり教育」の弊害かな?

そんなこんなで、7時に始まった宴会は飲み放題のオーダーストップ後も果てしなく続き、気がつけば11時半になっていたのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)