美容・コスメ

2006年6月21日 (水)

スキンケア

「3才若返る、お肌のお手入れと、メーキャップ」

という教養委員会主催の教養講座が、6月6日に小学校であった。教養委員長Fさんの企画である。

講師は、うちの娘と同じクラスに男の子のいるTさん。コスメサロンを経営している。

「手鏡を両手で持って上に掲げてください。首を上げて鏡を見上げててください。5年前のお顔です。」
「反対に鏡を真下にして鏡を見下ろしてください。5年後のお顔です。」

インパクトがあった。

見下ろした顔のなんと弛んで、皺のできていること。ぞっとしてしまう。

こうならないように、お手入れが大切だということなのだ。

肌の新陳代謝や、細胞の事、血液循環のことなど科学的に分かりやすく図解しながら講義してくれた。

皮膚は20歳くらいまでは28日周期で新しい細胞になるけれど、私達おばさんは、プラス年齢、余分に日にちがかかるらしい。なるべく早くターンアラウンドさせたいものですねという話。

自分の肌のタイプをQ&Aで、知ることから始まった。(肌のタイプによって、使う化粧水や乳液がちがう。)

お肌のお手入れで、まず大事なのは、クレンジングに洗顔。
表面の汚いものは皆、洗い流しておかなければ、綺麗な肌にはならないのは道理。
洗顔にはしっかり洗顔料を泡立てること。専用の泡立てネットですると、きめ細かなマシュマロのようなホイップクリームができるのに驚いた。優れものである。
泡が無いのに擦ってはいけないのだ。―反省点①

次に、ローションでのパッティング。
2枚合わせたコットンに、500円玉くらいの大きさでローションを沁み込ませ、1枚はふき取りに、もう1枚はパッティングに使う。水分を叩き込むのと、血行をよくする効果があるとのこと。
そうか。・・・ローションは、たっぷり使うのだ。
コットンもケチって使っていてはいけないのだ。―反省点②

ここで、水分が多かったら、ティッシュで押さえてから、乳液を塗る。これがお肌の潤いを保つのに重要。ローションだけでは、その水分が蒸発する時に、一緒にお肌の水分まで奪って蒸発してしまうので、お肌がかさかさになるのだそうだ。膜を作って、水分を逃がさないようにカバーしなければならないとのこと。

脂性の人こそ、乳液が必要という。―意外な感じだが・・・。
脂性の人は、皮溝にある皮脂と水分のうち、水分が少ない人のことをいうのだそうで、ローションをつけっぱなしだと、ただでさえ少ない水分が蒸発してしまい、皮脂だけになるので余計てかてかになってしまうのだそうだ。やはり乳液で水分が逃げないように膜を作ってあげないといけないのだそうだ。

これで、お肌の基礎的な土台作りは完了。

この後は、必要なら、適した美容液などでさらにケアをすればいいとのこと。

透明感のある肌をめざすのだ。

次にメーキャップだが、肌色のファンデーションを塗る前に、気になる部分や顔色などを、整えるために、黄系や緑系のカバーファンデーションをまず塗ると良い。
私の目の下の「くま」にもカバーが必要と思われた。

ファンデーションを塗って余分な油分が浮くようなら、スポンジで軽く押さえてから、パウダーをはたく。そうでないとむらができる。
パフは食器洗い洗剤で、こまめに洗って綺麗な状態にしておく事。洗わないとガビガビに硬くなって、お肌に良くないとのこと―反省点③

「眉目秀麗」との言葉どおり、眉と目は大事なポイント!

眉は、専用コームを使って、ムダ毛を梳き、眉山をペンシルで描いてから、専用のはさみでカット。描いてから切れば失敗が無い。―なるほど、目からうろこだった。

アイシャドーは、まず、眉の下に明るい色をハイライト的に塗り、眉を印象付ける。その後、アイホールいっぱいにそれより暗い色目を塗り、目頭と、目尻はしっかり濃い色で。アイライナーはまつげの間を埋めるように。ビューラーでカールした睫毛に、マスカラを塗る。
―私は時間がある時しか、アイライナーやマスカラはしないな・・・。

最後に、口紅を塗って完成。必ず筆を使う事!―反省点④

受講者から3人がモデルさんとなったが、それぞれ「ほぉぅ!」とため息が出るくらい変身した。Tさんは本当に楽しそうにメークをしている。人の顔をキャンバスにして、絵を描いているよう・・・。

あっという間に、2時間が過ぎ去った。

「美白」の話では、なるべくメラノサイトが活躍しないように、日傘などで紫外線が当たらないようにすること。さらに今では明るい日差しを見ただけで、(視覚だけで)メラノサイトが活動してシミ・くすみの原因になるのだといわれているらしいので、サングラスが必需であるということを聞いた。

「教養講座」だけあって、勉強になりましたね。

私は若い頃は、お化粧なんて、男に媚を売るようなものだとの偏見から、ほとんど頓着しなかったことがあった。テニスで6年間も肌を焼きつづけてしまった。・・・あぁ、肌にダメージが・・・。その時、正しい理論的なお肌のお手入れを聞いていればなぁ・・・。

お肌のお手入れとか、メーキャップは、自分を大切にすることや、自分に自信を持つことに必要な事だな、という認識になった今回の講座だった。

さて、受講してから2週間あまり。
いただいた泡立てネットを毎日使い、反省点を改善し、お肌のお手入れを継続しているつもりだが、その効果はどうだろうか。

両手も同じようにお手入れしているのだが、なんとなく、手の甲の血管が前より浮き出て見える=肌の透明感が増したと思われる。さわっても以前よりしっとりした感じ。
お肌が若がえったんじゃないかな!

それでは、本命の顔は?

お見せできないのが残念(?)である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)